2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ヌマッチ野球軍
2006.12.08 (Fri)
この物語は、すべてフィクションです。実在の団体名、個人名とはいっさい関係ありません。

プロ野球・愛リーグ101年構想概要

1.47都道府県のすべてにプロ野球チームを置く。
2.愛1リーグ12チーム、愛2リーグ16チーム、愛3リーグ20チームの計48チーム(東京のみ2チーム)という構成とする。
3.なお初年度については、愛1リーグはかつてのセ・パ12球団、愛2リーグは四国、北信越、東北の旧独立リーグ所属の球団を中心とした編成、愛3リーグはその他の地区の球団が所属してスタートする。
4.愛1、愛2各リーグの最下位チームは、自動的に下部リーグに降格となる。愛2、愛3各リーグの最上位チームは自動的に上部リーグに昇格となる。
5.完全ウェーバー方式の新人選択会議(ドラフト)を実施し、48球団すべてが参加する。

ちなみに「愛リーグ」とは、アイデアル・リーグ( Ideal League=理想のリーグ)の略称とされているが、これは後からこじつけられたものである。「Jリーグより上に行きたい」というコミッショナーの発案で、アルファベット順でJの1つ上の「I」が選ばれたにすぎない。




丼川慶投手(茨城学院大)、入団拒否へ

愛リーグ101年構想に早くも暗雲――。
プロ野球、愛リーグは昨日、48球団がそろって初めてのドラフト会議を開催した。
全体で一番目の指名権を保有していたビッグブッダ奈良(今季愛3リーグ20位)は、今ドラフトの目玉、茨城学院大学の丼川慶投手(22)を指名。
しかし、丼川サイドは早くも入団拒否の構えを見せており、今後の動向が注目される。
また、愛3リーグ所属の各球団が指名した選手の中からも、入団拒否の姿勢を打ち出した選手が相次いでおり、愛リーグはいきなり難しい舵取りを迫られることとなった。

「正直、プロとは思えない」。指名直後に開かれた記者会見で、ビッグブッダの印象について聞かれた丼川のコメントだ。
上位リーグとはまだまだ実力差があると見られている愛3で、20勝94敗。今季初加盟というハンデを差し引いても、この成績では丼川の辛辣なコメントも理解できる。
会見で丼川は、「今後はメジャーも視野に入れていく」と語り、実際に米大リーグの数球団からオファーが来ていることを明かした。
「20年に1人の逸材」と言われた左腕が、日本のプロ野球を経ることなく、いきなり国外へ流出する可能性が高まってきた。

48球団が参加するウエーバー方式のドラフトには、開催前から不安視する声が上がっていた。
「ウチなんか48番目やで。昔で言うたら4巡目クラスの選手を1位指名せなあかんやん。なんぼなんでもきついわ」(阪神・岡田彰布球団社長)
「ムチャクチャだ。あのコミッショナーには期待してたのに、裏切られた気持ちだ」(巨人・渡辺恒雄終身最高名誉オーナー)
など、特に愛1リーグに所属する各球団からの不満が続出している。

一方で、愛リーグ構想の推進者である沼沢正二コミッショナーは、「(日本のプロ野球に)来たくなければけっこう。入りたいという選手はいくらでもいる」と強気の姿勢を崩さない。

愛リーグ101年構想という理想の実現のためには、これも避けて通ることのできない混乱なのかもしれない。
しかし、その年のアマ球界でトップクラスの実力を擁する選手たちが、完全ウェーバーという現行の制度に嫌気し、メジャーへ渡ってしまうというケースは、今後ますます増加することが懸念される。
かつての実業団チームを大量にプロ化した現在、従来のように指名拒否→社会人という選択肢は、ほとんどなくなっているだけに、こうした動きはさらに加速することも考えられる。


<追記>アルファベットのアイがつぶれて見えなくなっていましたので、とりあえず愛の字を当ててあります。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  00:27 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(10) | Top↑
コメント
■いいなぁ、愛リーグ
諸問題に、完全に目を背けてのコメントですw

山形にもプロ球団が出来るって事ですよね!
もう絶対応援するっ、無条件に!
モンテディオ山形(J2)では燃えれんかったんで!
(なんせサッカーにはヤキュの1/1000くらいの興味…)

>昔で言うたら4巡目クラス
 阪神タイガース、第1回選択選手、、、、、
 ダース・ロマシュ選手、関西高校、投手。 くらいか?w

>アルファベット順でJの1つ上の「I」
 浅香 唯のデビュー曲「やっぱしH」の歌詞中に、
 「愛の手前は、やっぱしH」という、
 当時のアイドルとしては過激過ぎる歌詞があったことを、
 僕が知っているということは、
 誰にも知られてはいけない…。
KEN |  2006.12.08(金) 01:33 |  URLコメント編集
■KENさま。
わ!こんな遅い時間にコメントが。ありがとうございます。

>山形にもプロ球団
そうです、そうです。ドリームスタジアムを本拠地にした山形チェリーズです(ベタやな)。

>ダース
そうか。ダースが獲れるのか…。
実はこっそり「阪神指名せえへんかなあ」って期待してたんですよ。

>やっぱしH
うーむ、これって「エッチ」と発音するか「エイチ」と発音するかでだいぶ印象が違いますよね。どっち?

喜八 |  2006.12.08(金) 01:57 |  URLコメント編集
■内緒ですよ。
愛の前にエッチがあるっていう過激な歌詞です。
ちなみに、浅香唯は、「浅香唯を探せオーディション」で合格したんで、自動的に芸名になりました。 僕がこれを知っていることは全て内緒にしていてください…。

>山形チェリーズ
 いや、山形ラ・フラ~ンスです!

ダースはいらんと…。 
グエン・アンレベルでは?
日大山形の「中島ユン」の方がオススメですよ!
(ちなみにこれも内緒、ぐふふ)
KEN |  2006.12.08(金) 02:26 |  URLコメント編集
■KENさま。
了解です。すべてここだけの話ということで。大丈夫、ここにはそれほど人が寄ってきませんから(笑)。

そうか、ラ・フラ~ンスがあったか。

>ダース
いや、あの何ともいえん「負のオーラ」が、どうも阪神っぽくて…。
あれ?ユンさまって羽黒高校では?


喜八 |  2006.12.08(金) 02:57 |  URLコメント編集
ピンポーン♪喜八さん正解です。KENさん、ダースは「羽黒のイチロー」です(笑)
あっ…はじめまして、よっしーです。KENさんの地元に住んでいます。私も浅香唯の「セシル」が十八番という事は内緒にしておいて下さい…。
今回反応しちゃったのは、チーム山形のネーミングです。内陸の県野球場(今はイーグルス二軍の本拠地)ではなく、ドリームスタジアムを本拠地とするなら「山形ヤマブシーズ」を推奨したいと思いまして…。山伏の荒々しさと荘厳さを兼ね備えた、いぶし銀のようなチーム。でもYYは使いにくいな。
よっしー |  2006.12.08(金) 18:38 |  URLコメント編集
■あわあわ(汗)
ユン間違えた…。
さらによっしーさんに「浅香唯マニア」なこともバレた!
違うんですよ~、当時本当に愛してたのは「渡辺美奈代」なんですよ~!
(はっ! これはこれでバレたらまずい気が…)
でも、なんでここによっしーさんが…?
>「セシル」
 今度聞かせてくださいw

>大丈夫
 喜八さんの嘘つきー、もう一人バレたじゃないですかw!

でもよっしーさん、×ダース→○ユン
(腹いせに揚げ足を取っておく、ぐふふ)
KEN |  2006.12.08(金) 23:12 |  URLコメント編集
■よっしーさま。
ようこそいらっしゃいませ!

>「セシル」
もちろん秘密は守りますとも(笑)。
でもどんな歌なんやろ。
僕はシーシーシー、噂のシーシーガール♪
しか知らんなあ、ってこれ浅香唯じゃなかった?

>山形ヤマブシーズ
おお、渋い。
なんか金本が現役生活の最後をブッシーズで終えそうな気がしますね。
喜八 |  2006.12.09(土) 01:19 |  URLコメント編集
■KENさま。
>嘘つき
す、すみません…。
でも、今度こそ絶対大丈夫、のはずじゃないかなあ、多分。
ちなみに僕は、風間三姉妹の中では中村由真が好きだったと白状しておきましょう。
喜八 |  2006.12.09(土) 01:23 |  URLコメント編集
■すんません、掲示板みたいになってきたw
>シーシーシー、噂のシーシーガール♪
 浅香唯最大のヒット曲です。

>「セシル」
 バラードですね。
 ○○の数だけ強くなる~よね♪ みたいな(完全うろ覚え)

なんかこの件レスしまくって掲示板みたいにしてしまってすいません(汗)

でもね、、、、、

「スケバン刑事」の話まで出されたら、黙っていられませんw!
これは僕の少年期、「修羅の門(格闘技マンガ)」にはまるまで、溺愛してたマンガです。 初めて全巻揃えたのもこれです。 ラストシーン(卒業)に限れば、未だにスケバン刑事を越えるマンガはありません。 ぜひ読んでみることをお勧めします! 

斎藤由貴主演(初代)でドラマ化が決まったときは嬉しかったものです。 ただ、ドラマの神恭一郎が「短髪のパーマ」だったとき、僕は大人が大嫌いになりました。 このことは今でも忘れていません。

>中村由真
 マ、マニアッ! ユイ、ユカ、ユマ、ユン(羽黒) 
KEN |  2006.12.09(土) 11:18 |  URLコメント編集
■KENさま。
なぜか岡本真夜が頭に浮かんでます。
なんでかなあ。…あ、これだ!
>○○の数だけ強くなる~よね♪

>スケバン刑事
「なんの因果かマッポの手先」
これは違うか。
え!スケバン刑事ってマンガやったんですね。知らんかった…。

>大人が大嫌いに
ああ、ありますね。僕もハヤタ隊員が時代劇で悪役ばっかりやってるのを見て、子供心に失望したものです。

>ユイ、ユカ、ユマ、ユン
うまい!でも正しくはユイ、ユマ、ユカの順でお願いしたいと、由真ファン的には思うのです。
喜八 |  2006.12.09(土) 17:51 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。