2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
画竜点睛を欠く
2006.09.12 (Tue)
広 島-阪 神 16回戦 (阪神9勝5敗2分、広島、7789人)
 
虎 2 0 3 0 1=6
鯉 1 0 0 1 0=2

(五回裏終了降雨コールドゲーム)

【投手】
(神)安藤(6勝3敗)-矢野
(広)大竹(4勝12敗)-石原

【本塁打】
(神)金本19号?、20号?、鳥谷13号?
(広)梵7号?

マコ 甘えてばかりでごめんね
(by青山和子)

今朝、何気なく手にした日刊スポーツの記事を見て、安藤は愕然とした。

阪神安藤は正念場12日先発

…中4日で連続完投勝利を挙げた福原の勢いにあやかるためか、
股間にさらりとタッチして
「すごいなあと思います」と笑っていた。

「余計なことを」
安藤は、いかにも大阪のスポーツ紙らしいこの記事を、心底苦々しく思っていた。
ただでさえ、心に小さな棘が刺さったままなのに。

話は今月初めに遡る。
横浜との2連戦を連勝で終え、大阪へ戻る新幹線の車中でのことだ。

「良かったね優ちゃん。完封なんてすごいじゃん」
「ありがとう。マコも初セーブおめでとう」
「うん。最高の気分だよね」
「そうだな」
「優勝が決まる試合でさ、優ちゃんが先発して僕がセーブ挙げられたらすごいよね」
「いや、そんときはさすがに球児じゃない?」

隣に座る吉野の寂しそうな顔を見て、「しまった」と思った。
何気なく言った軽口。それ以上でも以下でもない。
しかし、何かにつけてネガティブにとらえることしかできないのが、吉野誠という男。
それが彼の成長を妨げてきたといえる。
そんな彼が、一度見た地獄から這い上がり、そしてようやくつかんだプロ初セーブ。
ほかの誰よりも、俺が祝ってやらなきゃならないのに…。
ここは「そうだね」と言っておけば済むことなのに…。
安藤は、プロ初完封で浮かれていた自分を責めた。
この一件以来、二人の間には小さな亀裂が生じている、安藤はそう感じていた。

そこへ持ってきて、今朝の記事。
福原の股間に触ったことは事実。
しかしそれは連続完投にあやかってのことではない。
福原のお家芸である「半返し投法」を成功させたい、
と思ったからだ。
安藤には、ある考えがあった。
この試合、「自分からマコへ繋ぎたい。そして勝って二人で握手したい」
それが、いま自分ができる限りの罪滅ぼしだ。安藤はそう思っていた。
簡単な仕事ではない。
完投ペースはもちろんのこと、7、8回まで投げてもダメ。
直接ジェフや球児へのリレーになってしまう。
もちろん負け試合にするなんて言語道断。
だとすれば、残された道はただ一つ。
自分が5、6回まで投げて降板するような展開にしつつ、
次の回のトップバッターを左の選手にするよう仕向けること。
安藤は、このハードルの高い仕事を絶対にやり遂げてみせる、
そう心に誓ってマウンドに向かった。誰のためでもない、俺とマコのために。

1回表、金本の2ランで先制。その裏、梵にソロホームランを浴びて1点を返される。
半返し。
おそらく阪神サイドで唯一、このホームランに満足していたのが安藤だろう。
3回表、鳥谷の3ランで3点追加。
4回裏、吉田の2ゴロの間に1点を返される。
半返し。
うまく行き過ぎて怖い。
雨が激しくなってきたことも、安藤には好都合だった。
この雨、この展開ではジェフも球児も投げさせないだろう。
ますますマコの登板が近づく。
5回裏。この回を三者凡退に抑えれば、6回は左の嶋からになる。
しかしここで安藤は万全を期した。
投球数が100球を超えなければ、次の回も続投の可能性が出てくる。
ならばこの回、100球を超えてなおかつ、
次の回の先頭打者前田というシチュエーションにするのが得策だろう。

「よし、この回は新井さんまで回そう」

結局安藤はこの回、二人のランナーを出した後、嶋、新井を連続三振に打ち取る。
「よっしゃあ!」
安藤はガッツポーズでマウンドを降りた。
投球数は103球を数えていた。

次の回、先頭打者は自分からだったが、すでに交替を告げられていた。
さあ、後はマコの登板を待つだけだ。
この試合で俺とマコの●情を取り戻すんだ!

「ここまで完璧やったのに…、なんで…」
「あの回はやっぱり三者凡退やったんか…」
「谷のヤツ、あと1イニングぐらい…」

岡田「おい久保、あいつさっきから何ぶつくさ言うてんねん」
久保「いや、なんか吉野に繋ぎたかったみたいですよ」
岡田「吉野?6回は江草でいく予定やったで」
久保「お願いですからそれは内緒にしてあげてください」
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:16 |  広島戦  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
コメント
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2006.09.12(火) 23:51 |  【コメント編集
■匿名希望さま。
ありがとうございます。
我ながらまあよくもこれだけ、って感じです(笑)。
喜八 |  2006.09.13(水) 00:20 |  URLコメント編集
どうも、お邪魔します。
いやーん、なんなんですか、これ!
アンドゥー&ヨシノンはいいんですよ。これで・・・。
したの下柳さんは・・・うわぁぁん。
確かに福ちゃんと矢野ちゃんみて、下柳さん・・・どうだろうって思ったけど、
いや、でもこれでいい、このまま矢野ちゃん福ちゃんで・・・って。しめしめって思ってたのに。これを読んでしまうと複雑です・・・。
sai |  2006.09.13(水) 14:36 |  URL【コメント編集
■saiさま。
見てはならないものを見てしまいましたね。
>これを読んでしまうと複雑
大丈夫、100%妄想ですから。
でもその妄想を駆り立てたのは、
saiさんはじめ、関東下柳会の皆さんなんですけど(笑)。
喜八 |  2006.09.13(水) 21:54 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。