2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
にしもっさん、頼むわ…。
2007.09.12 (Wed)
「津軽海峡冬景色」のもの悲しい調べに合わせて渡辺がマウンドに上がったとき、
「ああ、今日は負けるんやなあ」と思った。
効果てきめん、というヤツだ。
しかし、阪神の「蛍の光」も大概やけど、
球場挙げてああいうイチビリすんのも、どうかと思うぞ。

まあ、大型連勝を止めるのは、こんな負け方が一番いいだろう。
残り試合、全勝なんてあり得ない。
とするなら、この時期にこんな負け方は、ある意味、おあつらえ向きともいえる。

以上、建前終わり。

さて、西本さんである。

球審・西本欣司、40歳。

ちっちゃいオッサンだが、マスクを外せばなかなかの男前。
ただ、男前というのは、ついつい己に酔ってしまうきらいがある。
そしてにしもっさんも、やっぱりそのクチだった。
もはや、正しいジャッジなど、彼の眼中にはなかった。
「いかにして、かっこいいコールをするか」
試合序盤から彼の頭の中は、そのことのみに支配されていた。

…って、そんなことはもちろんないだろうが、彼の「荒れジャッジ」によって、
とても残念な試合になってしまったことはたしかだ。
もともと、あの審判やこの審判などと並んで「可動式ストライクゾーン」と揶揄されるほど、
ストライク、ボールの判定にバラツキが多い審判ではある。
ところが今日は、可動のために付けたキャスターが壊れてしまったのかと思うほど、
もう、グダグダだった。
え!さっきのがボールで今のがストライク?
ええ!さっきのがストライクで今のがボール?
もう、なんやねんと。

加えて、派手なアクションがさらにイライラを募らせる。
アンタは吉川晃司か。
そんなオナニーなアクションなど、いっさい必要ない。
ストライクを当たり前に「ストライク!」とコールして、
こぶしを握りしめてひょいと手をあげてくれれば、それで十分。
これは西本さんだけに限らないが、
最近の審判は、特にストライクアウトの際のオーバーアクションが目に余る。鼻につく。耳に障る。
口に…、口に…、どうでもいい。
とにかく、打者を挑発しているようにしか見えない。

暴言を承知で言うなら、今日は「捨てゲーム」にしてしまってもいい試合だった。
大型連勝と連日の熱戦。精神も肉体も疲労のピーク。
加えて、そのピークの更に上を行く球児と久保田を休ませたい選手たち。
対して出す気マンマンの首脳陣。
最初っから、プレイヤーの選択肢は「ボロ勝ちかボロ負け」の2つしかなかった。
5回に入った5点で、こと阪神サイドに限れば、今日の試合のすべてが終わった。
ベンチの岡田監督は、そこからの大逆転を妄想していたかもしれないが、
そうは問屋が卸さないのである。
自分で棚に上がっても、問屋さんは降ろしてくれないのである(あ、字が違う)。

連勝は、いつか止まる。誰もが覚悟していたこと。それが今日、起きたということ。
そして連勝がストップしたことによって、ようやく球児と久保田がお休みできた。
これは不幸中の幸いと言えるのかもしれない。
しかし、その不幸は、チームの戦術や意図とはまったく関係なく、
一人の審判の著しい技術不足によって引き起こされたことのような気がしてならない。
それが、とても残念だ。

「この時期、選手は身を削って戦ってるのに審判は…」
とか、そんなことを言うつもりは毛頭ない。
それは審判だって同じだということは、
昨年の上本さんや渡真利さんの身に起きた不幸な出来事が示している。

そんなこんなをすべて慮った上でなお、
今日の西本さんのワークは残念だった、と思う。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  00:19 |  広島戦  | トラックバック(0) | コメント(8) | Top↑
コメント
■ある意味。。。
喜八さん、こんにちは。
ご無沙汰してますがお元気ですか?(笑)
ある意味、西本さんは空気読んだのかもしれませんね。
或いは、球児とクボタンの大ファンだとか。。。

ふっふっふっ。今日からまた頑張れば良いのです。ピッチャーも代われば審判も代わる!
妻62号 |  2007.09.12(水) 13:32 |  URL【コメント編集
■サンクス!サンクス!サンクス!サンクス!き~んじ~!
妻! キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!

おろおろヽ(▽`llllllヽ)...(ノllllll´▽`)ノおろおろ
審判って誰がうまいんかなあ?
K(E)N |  2007.09.12(水) 16:46 |  URLコメント編集
■すぐっ そこっ サンクス!
妻! キチャッタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n*´ё`*)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!

夫! マダカナァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘A‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
い(わ)ほー |  2007.09.13(木) 00:52 |  URLコメント編集
■妻62号さま。
てっきり、あんな人とかこんな人とかそんな人のイタズラコメントやとばっかり思ってました。

ところが、次にそのこんな人とそんな人からコメントが(笑)。

球児とクボタン、お休みでちょっと肩が軽くなりすぎたでしょうか。。。

喜八 |  2007.09.14(金) 23:52 |  URLコメント編集
■K(E)N さま。
あるいてゆこ~お~♪
お~お~お~♪
こ~れ~からもずうっとお~♪
お~お~お~♪

>審判って誰がうまいんかなあ?

審判って、正確なジャッジをして当たり前、みたいなところがありますからねえ。
因果な商売ではあるんですが。
喜八 |  2007.09.14(金) 23:58 |  URLコメント編集
■い(わ)ほーさま。
またまたもう(笑)。
あ、そう言えばいわほーさんの「ほー」ってどういう意味?って聞いて、その答えをまだ伺ってなかったような……。
どういう意味?
喜八 |  2007.09.15(土) 00:00 |  URLコメント編集
■遅いコメントですいません。
西本のストライクゾーンは高低に広いです。
球に内外際どいのも取りますが高低が広いです。
また、審判ってのは打者に挑発しているようにも見えます。
しかし、それは「自信を持ってジャッジする」ことによって「判定の権限は自分たち、審判にある」というアピールだと思います。
特に球審で言えば、西本や井野、佐々木などが激しいですね。
僕の大好きな谷博は最近では誤審騒ぎが続いているので緊張感を持ってやってるように思います。
虎右衛門 |  2007.09.16(日) 08:01 |  URL【コメント編集
■虎右衛門さま。
お久しぶりです。
審判好きの虎右衛門さんからコメント来ないかなあと思ってました(笑)。

>「自信を持ってジャッジする」
うーん、でもね、あのオーバーアクションは、「自信の表れ」というよりも、
「自信のなさの表れ」のような気がするんですけど。

>西本や井野、佐々木などが激しいですね。
ほら、やっぱり(笑)。

>僕の大好きな谷博
以前、ここで虎右衛門さんが谷さんファンをカミングアウトして以来、
谷さんには注目してますよ。がんばれ谷さん!
喜八 |  2007.09.18(火) 23:58 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。