2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
デスノート
2007.02.11 (Sun)


「一軍入らへんよ」

3イニング3劇場。
久保田ファンにとっては、「順調な仕上がり」と映ったかもしれない。
しかし、もちろん久保田本人は納得していなかった。
そこへもってきて、冒頭の岡田監督の言葉。
久保田の怒りは増幅されていた。

――何が「左が競争と言っているから安心しとるんちゃうか」だ。
――いままで、ただの一度も「左が競争」なんて言ってないじゃないか。
――「ポスト井川=サウスポー」と考えるのはド素人やって、ずっと言ってたくせに。
――それがなんだ。一時の激情に駆られて、口から出任せで人を非難しやがって。

怒りが収まらないまま、久保田は宿舎に戻るのだった。



ホテルに着くと、フロントから声をかけられた。
「あっ久保田様、お便りをお預かりしております」
久保田智之様、と書かれた角2サイズの封筒。
差出人の名前はない。

部屋に入り、さっそくその封筒を開けてみた。
真っ黒なノートが一冊。
表紙には、

DEATH NOTE

と書いてあった。

久保田は苦笑する。
――なんだ、一足早いバレンタインのチョコじゃなかったのか。
――それにしても、いくら俺が流行に疎いからって、いまさらデスノートはないだろ。
久保田はそうつぶやきながら、ノートの1ページ目に、

岡田明信
岡田彰伸
阪神タイガースのかんとくの岡田あきのぶ

と書き込んだのだった。



翌朝、出発の準備を整えてロビーに降りていくと、
岡田監督が記者団に取り囲まれていた。

――チッ、まだ生きてたのか。
――まあいい。この場で倒れたら大騒ぎになるぞ。

その瞬間を、少しでも近くで見ていようと、
久保田はさりげなく、そばのソファーに腰を下ろした。
岡田監督の声が、よく聞こえる。

「そうですね。昨日の試合は投手陣が全体的に不調でした」
「もちろん久保田だけではありません。その後に投げた杉山も桟原もまだまだダメです」
「一軍ですか。そうですね、筒井が当落線上にようやく引っかかったという程度でしょうか」

……「うわ、きしょっ!」
思わず声をあげてしまった。
久保田は、全身が総毛立つのを感じた。
普段、コテコテの大阪弁でしゃべるはずの岡田監督が、
やけに丁寧な言葉遣いをしている。
取り囲む記者団も、監督の異様な話し方に戸惑いの様子を隠しきれないようだ。

――まさか……。
久保田は、バッグの中から昨日のノートを取り出し、改めて表紙を見てみた。
――やっぱり。

DEATH マス NOTE

――ですますノート……。

久保田は頭を抱えるのだった。



そんな久保田の、トドのような背中を眺めている一人の男の姿があった。
――なるほど。あのノートに名前を書けば、言葉遣いが丁寧になるのか。
――どうやら大阪弁を標準語に変える力もあるようだな。
頭の良い彼は、すべてを理解してしまったようだ。

背番号1のユニフォームを着たその男は、
さっそく頭の中で、そのノートに書き込む候補者をピックアップしはじめた。
――正田さん、藤本さん、関本さん……。
――濱中さん、今岡さん、あ、今岡さんはときどき妙な発音の標準語しゃべってるな……。

妄想が止まらない彼を一人、ロビーに残し、バスは出発したのだった。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:39 |  キャンプ・オープン戦  | トラックバック(0) | コメント(12) | Top↑
コメント
■嗚呼…
「チーム関西」の方向性が… ねじまがった…

よしっ! 山に帰ろう。
KEN |  2007.02.12(月) 00:25 |  URLコメント編集
■アンチ関西
入団当初から関西に違和感を唱えていた背番号1のその男は、歳月を積み重ねるにつれ、なおいっそう、関西アレルギーを払拭できずにいるどころか、益々アレルギーを強めているふうにみえます。関西色を受け入れることを、頑なに拒んでいるようでもあります。あの田淵幸一ですら、いつしか関西色に馴染みつつあったというのに、いまもって阪神タイガースの中にあって、関東人を貫き通そうとする彼は特異な存在です。でも、最近、やっとそんな彼を受け入れてあげようと思えるようになりました。永遠に「アンチ関西」のタイガース選手というのも、ありかも。

# テンプレ渋いっす。
いわほー |  2007.02.12(月) 00:48 |  URLコメント編集
■助っ人に使うと・・・。
当然のことながら英語はbe動詞と一般動詞に分かれています。だから、一般動詞の文に現在進行形でもないのにbe動詞の「~です。」(is.am.are)を使うとこんな感じになります。
I am play baseball.(私は野球をするです。)
もし助っ人外国人がヒーローインタビューとかで、「~するです。」「~したです。」「~でしたです。」とか言い出したら、ホンマに気持ち悪い!タラちゃん病感染や~!(笑)
どうか助っ人外国人の名前を書くのはやめて下さい!
虎右衛門 |  2007.02.12(月) 07:42 |  URL【コメント編集
■DENN マン NOTE
そのノートに名前を書かれた、背番号1のユニホームを着たその男が「でんがな、まんがな。でんがな、まんがな・・・・」と、素振りするようになってしまった。

ん~ キハッチに似合う、インテリジェンスチックなテンプラでんな~ あげあげw
母でんまん |  2007.02.12(月) 13:03 |  URLコメント編集
■おそろしいw
こんにちは。


「ですます」ならまだましです。

もしこれが「でちゅまちゅ」ノートになったら、

「そうでちゅ。昨日の試合は投手陣が全体的に不調でちた」
「もちろん久保田だけじゃないでちゅ。その後に投げた杉山も桟原もまだまだダメでちゅ」
「一軍でちゅか。そうでちゅねー、筒井が当落線上にようやく引っかかったという程度でちゅか」



・・・変換するんじゃなかったw
華 |  2007.02.12(月) 16:55 |  URLコメント編集
■KENさま。
あ、これは例のコラボとは関係ない記事ですから、
どうかお気になさらず。
あれはあれで話を進めてくだされば……、
ってちょっとKENさん。KENさん。
……。あ~あ、行ってしまった。
りささん、KENさんがどうやら信貴山に向かったようですので、
よかったらお相手してあげてもらえませんでしょうか。
喜八 |  2007.02.12(月) 21:22 |  URLコメント編集
■いわほーさま。
さっき、熱血タイガース党を観ていたら、
「虎ボルタ」こと中田良弘が出ていました。
彼はたしかバリバリのハマッ子だったはず。
なのに、今やすっかりピン芸人。
「西の定岡正二」の名に恥じない貫禄でした。
年月は人を変えるもの。
鳥谷だって、数年後にはノリツッコミができるほど…、
う~ん、どう考えても無理そうですね。

>テンプレ
ようやく、探し求めていたものに巡り会えた気分です。
にしても、このテンプレの作者は、
よもやこんなアホ記事に使われているとは思っていないでしょう。
ごめんなさい、作者さん。
喜八 |  2007.02.12(月) 21:29 |  URLコメント編集
■虎右衛門さま。
>I am play baseball.(私は野球をするです。)
う~んオモロイ。
なかなかの「モウソリスト」ぶりを発揮していらっしゃいますね(笑)。
しかし、外国人選手の名前を書くまでもなく、
海の向こうで井川がやってくれそうな気もするんですが。
喜八 |  2007.02.12(月) 21:39 |  URLコメント編集
■でんまんさま。
>でんがな、まんがな
チャーシューメンのようなモンでしょうか。
でんがなは外角、まんがなは内角打ちに適したかけ声とか。

>インテリジェンスチック
チックは余計です。まんまインテリジェンスなんですから(笑)。
喜八 |  2007.02.12(月) 21:43 |  URLコメント編集
■華さま。
ああ…、また新たな「モウソリスト」の誕生でしょうか?

>「でちゅまちゅ」ノート
でもね、これで試合中、抗議に行ったとするじゃないですか。
「今のはセーフぢゃないんでちゅか?」
「あら~、僕、怒ってるんでちゅか?残念だけど、今のは全然アウトでちゅよ~」
「そうなんでちゅか……」
なんか、これはこれで「あり」のような気も…。
乱闘や退場なんて絶対起きないでしょうし。
喜八 |  2007.02.12(月) 21:51 |  URLコメント編集
■優勝阻止
阪神タイガースの皆さんいいかげんにして欲しい。
匿名希望 |  2007.09.09(日) 21:33 |  URLコメント編集
■匿名希望さま。
>阪神タイガースの皆さんいいかげんにして欲しい。

ホンマですよねえ。もっとすんなり勝ってくれないと、
ファンの身が持ちません。
喜八 |  2007.09.11(火) 00:06 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。