2007年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
衝撃
2007.04.30 (Mon)
▼広 島-阪 神 4回戦 (2勝2敗、広島、20893人)

鯉8-4虎

(勝)フェルナンデス3試合1勝1敗
(敗)杉山3試合2敗

【本塁打】
(神)シーツ2号2ラン(3回、長谷川)
(広)新井7号3ラン(1回、杉山)、天谷1号2ラン(5回、杉山)

▼広 島-阪 神 5回戦 (広島3勝2敗、広島、30093人)

鯉5-1虎

(勝)佐々岡4試合1勝2敗
(S)永川11試合1勝2敗6S
(敗)能見5試合1勝3敗

【本塁打】
(神)
(広)広瀬1号満塁(1回、能見)

▼広 島-阪 神 6回戦 (広島4勝2敗、広島、27323人)

鯉7-4虎

(勝)黒田6試合3勝2敗
(S)永川12試合1勝2敗7S
(敗)小嶋5試合2勝3敗

【本塁打】
(神)林2号ソロ(7回、黒田)
(広)新井8号3ラン(1回、小嶋)、前田智3号3ラン(6回、江草)、倉3号ソロ(6回、江草)




Sports Graphic Umedar 【ウメダー】

阪神優勝記念号

巻頭インタビュー 金本知憲

―― 4月の下旬は不振に苦しみました。
金本●おお、実はあの時期なあ、アキレス腱が切れとったんじゃ。
―― え!
金本●歩きづらいとは思とったんじゃが。
―― はあ。

シーズン終了後、こんな衝撃の告白があるに違いない。
そうでなければ、説明がつかないのだ。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  20:12 |  広島戦  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
ロボット大戦
2007.04.26 (Thu)
▼阪 神-ヤクルト 5回戦 (阪神4勝1敗、甲子園、38038人)

燕 0 0 0 0 1 0 0 0 0=1
虎 1 0 1 0 0 1 0 0 X=3

【投手】
(ヤ)グライシンガー、館山-福川
(神)ボーグルソン、久保田、ウィリアムス、藤川-矢野

【責任投手】
(勝)ボーグルソン4試合2勝
(S)藤川9試合7S
(敗)グライシンガー5試合3勝2敗

【本塁打】
(ヤ)
(神)



グライシンガー、発進!

ボーゲルソング、発進!

グイイイイン!

キュウウウウウン!

ガイエル「むう」

ラミレス「チッ」

アンディ「させるか!」

エステ・ヴァン・ジャン「まかせた!」

ジェフ「まかされた!」

ドドドドドドドド…

バキューーーン、ズキューーーーン

3対1

フルタ「くそっ!」

オカダ「よしっ!」

ダー・ウィンク・ビアン「楽しそう…」

リグス「楽しそう…」

ラ・ロッカ「楽しそう…」
【記事編集】 |  22:31 |  ヤクルト戦  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
かまってpart2
2007.04.26 (Thu)
▼阪 神-ヤクルト 4回戦 (阪神3勝1敗、甲子園、37714人)
 
燕 0 1 0 0 0 0 0 0 1=2
虎 2 1 0 0 0 3 1 0 X=7

【投手】
(ヤ)石井一、花田、吉川-福川
(神)下柳、江草、福原-矢野

【責任投手】
(勝)下柳4試合2勝2敗
(敗)石井一5試合1勝3敗

【本塁打】
(ヤ)畠山1号ソロ(2回、下柳)
(神)シーツ1号ソロ(7回、花田)


「矢野のおかげ」

そんなコメントを聞かされて、
彼の気持ちが乱れないはずがなかった。

「俺のこともかまってよ」

ふてくされてみせたのも、9回の1失点も、
すべて、彼の心の叫びのなせる業…。
【記事編集】 |  03:00 |  ヤクルト戦  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
開業断念?
2007.04.24 (Tue)
▼阪 神-ヤクルト 3回戦 (阪神2勝1敗、甲子園、37847人)
 
燕 0 0 1 0 0 0 0 0 0=1
虎 0 0 0 0 0 0 0 0 2X=2

【投手】
(ヤ)石川、木田、館山、高津-福川
(神)ジャン、久保田、ウィリアムス-矢野

【責任投手】
(勝)ウィリアムス9試合1勝
(敗)高津5試合1敗3S

【本塁打】
(ヤ)
(神)


トゥルルルル、トゥルルルル……
ガチャ。
――はい。お電話ありがとうございます。一口すすれば貴方もとりこ、かたおか製麺店です。
――オセワニナリマス。「久備庵」ノダーウィンデス。
――あ、いつもお世話になっております。
――大将イタハル?
――はい、少々お待ちください。

(保留音)
はっとみりゃ湘南御母堂
はっとみりゃうーーーー
華やかな女が通る 幻の世界は
日に焼けた少女のよう…

――もしもしお電話変わりました。
――ア、大将。「久備庵」ノダーウィンデス。
――あ、どうも。お世話になります。
――チョットエエカナ。
――なんでしょう?
――コナイダ相談シテタ、新型麺ノコトナンヤケド…。
――ええ。いま順調に開発進んでますよ。
――アレ、キャンセルデキルカナア。
――え?またどうして?
――ウン。本職ガ忙シナリソウナンヤ。
――ははあ。ダーウィンさんの本職てなんですのん?
――「ヤ」ノツク自由業ヤ。
――え…。で、忙しくなりそうって…。
――ウン、今日ナ、カワイガットッタ舎弟ガナ、ハジカレタンヤ…。
――うわ…。そうですか…。
――ソレデ、ソロソロ俺ノ出番カナト思テナ。
――そうですか。まあ、新型麺は「中華料理・清路楼」さんの冷やし中華と共同開発でしたから…。
――スマンナ。
――いえいえ、いつでもお待ちしてますから。では、失礼します。


【記事編集】 |  21:45 |  ヤクルト戦  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
逆襲
2007.04.23 (Mon)
▼阪 神-巨 人 6回戦 (巨人4勝2敗、甲子園、48501人)
 
兎 0 2 1 0 4 0 0 3 0=10
虎 0 0 0 1 0 0 0 0 2=3

【投手】
(巨)高橋尚、門倉-阿部
(神)小嶋、福原、渡辺、中村泰-矢野、狩野

【責任投手】
(勝)高橋尚4試合4勝
(敗)小嶋4試合2勝2敗

【本塁打】
(巨)谷3号2ラン(8回、渡辺)
(神)狩野2号2ラン(9回、門倉)



おかだ「くぼ」
くぼ「はい」
おかだ「この渡辺て、ナックル投げとったヤツやんなあ?」
くぼ「そうです。ほかに渡辺はいません」
おかだ「ちっとも投げへんがな、ナックル」
くぼ「封印したそうですよ」
おかだ「封印?」
くぼ「ええ。それでストレートに磨きをかけて、威力が増し…あ」
おかだ「打たれとるがな」
くぼ「はい…」
おかだ「もうええわ。渡辺飽きた」
くぼ「は?」
おかだ「上園あげよう」
くぼ「……」
おかだ「みてみい。甲子園がえらい静かなってもうたがな」
くぼ「はい。なんか懐かしいですね」
おかだ「おお、お前が放ってる時は、毎日こんな感じやったなあ」
くぼ「ええ。阪神高速を走る車のカーステの音が聞こえましたもん」
おかだ「んなこたあないやろ」
くぼ「すみません。嘘をついてしまいました」
おかだ「いや、ええ。その調子や」
くぼ「はい。ところで監督」
おかだ「なんや」
くぼ「今日はどうして狩野がスタメンじゃないんですか?」
おかだ「腹立つやろ」
くぼ「狩野にですか?」
おかだ「阪神ファンにやがな」
くぼ「どうして?」
おかだ「『な、みてみ。そやから狩野使え言うたやろ?』いうヤツが800万人ぐらいおるわ」
くぼ「ああ、なるほど」
おかだ「そやから今日は『やっぱり矢野やないとあかんで』いう声を聞きたいんや」
くぼ「はあ」
おかだ「ちゃんとタイムリー打ったやろ?」
くぼ「その代わり走られたおしました」
おかだ「やかましわ」
くぼ「それに狩野の打撃もいま、旬ですから」
おかだ「素人やなお前は。そない毎日打てるかっちゅう話…あ」
くぼ「ホームランです」
【記事編集】 |  01:33 |  巨人戦  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
大人の事情
2007.04.21 (Sat)
▼阪 神-巨 人 5回戦 (巨人3勝2敗、甲子園、48535人)
 
兎 0 3 0 0 0 0 0 2 0=5
虎 0 0 0 1 0 1 0 0 0=2

【投手】
(巨)久保、野口、会田、林-阿部
(神)能見、久保田、相木、江草、中村泰-狩野

【責任投手】
(勝)久保1試合1勝
(S)林9試合3S
(敗)能見4試合1勝2敗

【本塁打】
(巨)ホリンズ2号3ラン(2回、能見)
(神)狩野1号ソロ(4回、久保)



おかだ「ああ!」
くぼ「どうしました監督、赤松がケガでもしましたか」
おかだ「アホか。赤松やったらそこでにくそい顔して座っとるがな」
くぼ「にくそい?」
おかだ「憎たらしいいうこっちゃ」
くぼ「ああ、なるほど」
おかだ「それより大変や」
くぼ「はあ」
おかだ「そろそろ福原上げんとあかんやん」
くぼ「はあ」
おかだ「はあ、やあるか。誰落とすねん」
くぼ「予定では清水ですが」
おかだ「控えの矢野がケガしてんねんで」
くぼ「控え?」
おかだ「おお、もう正捕手は狩野や」
くぼ「なるほど」
おかだ「なるほど、やあるか。突っ込むとこやで」
くぼ「すいません」
おかだ「気にすな。お前には期待してない」
くぼ「はあ」
おかだ「とにかく清水はアカン。誰かほかのヤツや」
くぼ「となると相木かヤスですか?」
おかだ「しゃあない。インジャンさせ」
くぼ「インジャン?」
おかだ「じゃんけんのことやがな。お前もそろそろ大阪弁覚え」
くぼ「すいません。で、その、インジャンに負けた方が二軍に」
おかだ「岡崎なあ。あ、違う、浅いなあ。考えが浅い」
くぼ「わははは」
おかだ「こんなん好きか?」
くぼ「あ、はい」
おかだ「どうでもええわ。インジャンに負けた方が久保田の次に投げさせんねや」
くぼ「しかしまだ1点差ですから…」
おかだ「そやから投げさすねん」
くぼ「はあ」
おかだ「二人ともチキンやろ。こんな場面で出てきて抑えられると思うか?」
くぼ「それはもう…」
おかだ「『アイツには期待しとったのにがっかりや』いうて、下へ落とす口実になるやろ」
くぼ「あなたって人は…」
おかだ「ええからはよなかにしに電話せえ」

あいき→ぱー
ヤス→ちょき

――ピッチャー相木。背番号48。

あな「ほう。久保田の後に相木ですか?」
かわとー「ワシはええと思うで。こういう緊迫したムードを経験することが大事なんや」
あな「なるほど」
かけふ「ひじょうにこう…」
かわとー「これが後半戦に生きてくるんや。ワシは大賛成やで」



【記事編集】 |  23:36 |  巨人戦  | トラックバック(0) | コメント(16) | Top↑
勝ったよ
2007.04.21 (Sat)
▼阪 神-巨 人 4回戦 (2勝2敗、甲子園、45700人)
 
兎 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3=4
虎 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4X=5

(延長十二回)

【投手】
(巨)内海、会田、林、豊田-阿部、加藤
(神)杉山、ウィリアムス、藤川、久保田、江草、橋本健-矢野

【責任投手】
(勝)橋本健10試合1勝1敗
(敗)豊田5試合2敗3S

【本塁打】
(巨)
(神)


いまさら妄想もへったくれもない。
しかしこの試合は書き留めておきたい。
なので普通に。

あと一手で相手の王様は詰むのだが、
手持ちの駒は歩が2枚だけ。
えーい、やけくそや!王手!
おお、勝ってもうた!

…みたいな試合でした(違う?)

延長戦で3点差をひっくり返したのは、
あの「マイヤーズの悪夢in札幌」以来のことだそうです。

狩野恵輔、プロ野球人生最大の輝きだったのか、
それともこれが正捕手への第一歩となるのか。
それは今日からの試合にかかって…、
と思っていたら、今日の先発狩野。
わはは、岡田、単純やなあ。わかりやすいなあ。
いいぞいいぞ!
【記事編集】 |  18:00 |  巨人戦  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
ニコールの夫
2007.04.19 (Thu)
▼中 日-阪 神 6回戦 (阪神3勝2敗1分、ナゴヤドーム、30554人)
 
虎 0 2 1 0 4 0 0 0 0=7
俺 0 1 0 0 5 0 3 0 X=9

【投手】
(神)ボーグルソン、江草、久保田、橋本健-矢野
(中)川上、小林、金剛、グラセスキ、岡本、岩瀬-谷繁、清水将

【責任投手】
(勝)グラセスキ6試合3勝
(S)岩瀬7試合5S
(敗)久保田9試合1勝1敗

【本塁打】
(神)
(中)


 
ニコールの夫がやってきた
井川の穴を埋めるために

ニコールの夫が頑張った
荒れ球に先制タイムリー

余裕の軽口を連発する男の隣で
微笑む女

いつになく上機嫌な男の隣で
嬉しそうなパパの姿を見て喜び、笑う子供

阪神初の完投はボーグルソン
そんな胡乱な考えを いったいだれが想像しただろう

ああ ニコールの夫よ
もうちょっとだ頑張ってくれ
幸せのため 家庭円満のため

ニコールの夫が併殺打
それでもみんな 浮かれ気分

ニコールの夫が井川になった
中日に7対1から逆転されて

薄ら笑いで現実逃避を決め込む男の隣で
泣き崩れる女

ありったけの罵声を浴びせる男の隣で
マジ切れしたパパの姿を見て驚き、泣く子供

川上発 金剛経由 岩瀬行き
そんな迂遠なルートを いったいだれが予測しただろう

ああ ニコールの夫よ
もうちょっと頑張れなかったのか
幸せのため 家庭円満のため
【記事編集】 |  23:09 |  中日戦  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
いかんともしがたい男たち
2007.04.17 (Tue)
▼中 日-阪 神 4回戦 (阪神2勝1敗1分、ナゴヤドーム、31328人)
 
虎 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0
俺 2 0 3 0 0 0 0 0 X=5

【投手】
(神)ジャン、橋本健-矢野
(中)山本昌-小田

【責任投手】
(勝)山本昌3試合1勝2敗
(敗)ジャン3試合2勝1敗

【本塁打】
(神)
(中)ウッズ8号3ラン(3回、ジャン)



――ああ、今年もまたここへ帰って来たなあ。

――ホンマやなあ。

――ここへ来たら、なあああんにもする気がなくなるなあ。

――ホンマやなあ。

――あくせく働くのがアホらしなってくるもんなあ。

――ホンマやなあ。

――「我が家」とはまたひと味違うねんなあ。

――ホンマやなあ。

――緑がまぶしいなあ。

――ホンマやなあ。

――よおし、今日も俺、このままなああんもせえへんぞおおお。

――よおおおおし、じゃあ俺も。

…………………。

――あ、流れ星や!

――きれいやなあ。

…………………。

――ああ、もう一日が終わってもうたがな。時の経つのは早いでえ。

――ホンマやなあ。

――しかもこの3泊4日が終わったら、次7月までないねんで。

――そうなんや?

――うん。それまでまた仕事頑張らんとなあ。

――ホンマやなあ。

――よおおし、あと2日、のんびりするぞおおおお。

――よおおし、俺なんかもっとのんびりするぞおおおお。

――なんやとおおおお、俺なんかもっともっとのんびりするぞおおおお。


あはは、あはは。あはは、あはは。



あー わかりました
すいませんでした
明日は必ず
必ず打ちます

大したことはないけど 体 動かなくて
大したことはないけど 実は

電話は
切れてる
(word by 奥田民生)

【記事編集】 |  21:29 |  中日戦  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
大安吉日
2007.04.16 (Mon)
▼阪 神-横 浜 3回戦 (横浜2勝1敗、甲子園、48416人)
☆ 0 0 0 0 1 0 0 0 0=1
虎 7 1 0 0 0 0 0 2 X=10

【投手】
(横)工藤、吉見、三橋-相川
(神)小嶋、江草、相木-矢野

【責任投手】
(勝)小嶋3試合2勝1敗
(敗)工藤3試合3敗

【本塁打】
(横)
(神)鳥谷1号ソロ(1回、工藤)、金本5号ソロ(2回、吉見)、6号2ラン(8回、三橋)



何がどうとか どれがこうとか
それはああとか これはいいとか
小難しいことは抜きにして
ボロ勝ちを素直に喜びましょう
だって今日は 大安吉日

あいつがどうとか そいつがこうとか
こいつはああとか どいつはいいとか
小賢しいことは抜きにして
ボロ勝ちを素直に喜びましょう
だって今日は 大安吉日

初ホーマーとか 初打点とか
初マルチとか 初がつおとか
初物尽くしで縁起の良い
ボロ勝ちを素直に喜びましょう
だって今日は 大安吉日

大和も 安藤も 吉野も 日山?もいないけど
それでも今日は 大安吉日
ニニ・ロッソも レネ・ルッソもいないけど
正真正銘 大安吉日


【記事編集】 |  02:43 |  横浜戦  | トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑
お怒り?
2007.04.14 (Sat)
▼阪 神-横 浜 1回戦 (横浜1勝、甲子園、34338人)
 
☆ 0 0 0 0 0 0 3 3 0=6
虎 1 0 0 0 0 0 1 2 0x=4

(九回裏二死降雨コールドゲーム)

【投手】
(横)三浦、ホセロ、クルーン-相川
(神)杉山、橋本健、江草-矢野

【責任投手】
(勝)三浦3試合1勝2敗
(S)クルーン6試合6S
(敗)杉山1試合1敗

【本塁打】
(横)
(神)




鉄の左腕の折れるまで 熱い血潮の燃え尽きるまで♪
熱球一筋 命を賭けた♪
タイガースの タイガースの 旗のもと♪

「お、えらいご機嫌やん。負けたのに」

不死鳥か。
熱いねんお前。向こう行ってくれ。

「そう言うなよ。早くおもろいこと書いて」

うーん。
今日はな、てっきりシモさんが熱投してくれると思てたからなあ。
侍ジャイアンツの歌まで用意してたんやけど…。

「試合も見んとネタ決め打ちしたって、ロクな結果にならないよ」

ごめん…、ってなんでそんなえらそうやねんお前。

「あ、お前、なんて言うてええの?もう中華作ったらへんで」

中華料理は火力が決め手、というだけのことはあって、
不死鳥の作る中華は絶品だ。
しかし、こいつがいると、家中が焼け焦げて困る。

「あ、こんなんどうかなあ」

不死鳥は、キーボードを手元に引き寄せた。

あ、ちょっと、キーが焦げるからさ…。

あかまつ「おいかりや!このあめはしもまじんさまのおいかりなんや!」
かのー「しもまじんさまはそんなこころのせまいひとなんかでねえ!」
あかまつ「おめーにせんぱつをとばされたとうしゅのきもちがわかるもんか」
かのー「わかるわい。わしはほしゅだからなあ。とうしゅのきもちはわかるわい」
あかまつ「



「うーん。あとはよろしく」

不死鳥は部屋から出て行った。
おそらく風呂に入りに行ったのだろう。
不死鳥のくせに、風呂が大好きなのだ。

それにしても何だこのネタは。
あ、でも、続きを仕上げたら、不死鳥は気をよくして出ていってくれるかもしれん…。

風呂場から不死鳥の歌声が聞こえてきた。

「くじけぬ翼駈けのぼる 灰になっても飛ぶ火の鳥さ♪
野球地獄で 男を磨け♪
タイガースの タイガースの 旗のもと♪」

お前も侍ジャイアンツ歌ってるやないか。
にしても不死鳥よ、灰になるな灰に。

「おーい。ひげそり貸してね」

聞こえないふりをしよう。

「明日はスタメンだからね」

え?そうなん?

【記事編集】 |  13:20 |  横浜戦  | トラックバック(1) | コメント(2) | Top↑
深夜の電話
2007.04.13 (Fri)
▼阪 神-中 日 3回戦 (阪神2勝1分、甲子園、41228人)
 
俺 0 0 0 0 0 1 0 0 0=1
虎 1 2 0 0 0 0 0 0 X=3

【投手】
(中)川上、S.ラミレス-谷繁
(神)ボーグルソン、久保田、ジェフ、球児-矢野

【責任投手】
(勝)ボーグルソン2試合1勝
(S)藤川7試合6S
(敗)川上3試合1勝1敗

【本塁打】
(中)中村紀1号ソロ(6回、ボーグルソン
(神)ボーグルソン1号2ラン(2回、川上




トゥルルル…、トゥルルル…。

誰や、こんな夜中に…。

トゥルルル…、トゥルルル…。

ガチャ。

はい、お電話ありがとうございます。一口すすれば貴方もとりこ、かたおか製麺店です。

もしもし? もしもし?

――アノ……。

はい。

――アノ……。

どちらさんですか?

――夏場アタリカラ、やきそば屋サンヲハジメタインデスガ…。

そうですか。あ、でももう今日は遅いので、また明日あらためてもらえませんか?

――ゴメンナサイ…。


【記事編集】 |  02:23 |  中日戦  | トラックバック(0) | コメント(10) | Top↑
不死鳥が…
2007.04.12 (Thu)
▼阪 神-中 日 2回戦 (阪神1勝1分、甲子園、43862人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
俺 3 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 6
虎 3 0 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 6

(延長十二回規定により引き分け)

【投手】
(中)長峰、デニー、S.ラミレス、グラセスキ、小林、浅尾、高橋、岡本-谷繁
(神)福原、江草、橋本健、桟原、ジェフ、球児、久保田-矢野

【本塁打】
(中)
(神)金本4号ソロ(6回、長峰)




一本の華麗なアーチは、百万本の妄想花より美しい――。

現実、という圧倒的なパワーを目の当たりにし、すっかり妄想力を失ってしまった男は、
そんなことを思いながら、自分では上手いこと言うてるつもりになっていた。

さて、今日もこのまま寝るか。
くわえていたタバコをもみ消して、そう呟いた直後のことであった。

バサッ、バサッ。

背後から、布団を上下に揺さぶったような音が聞こえてきたかと思うと、
たちまち部屋中に熱風が立ちこめ、火の粉が舞い上がった。

何事だ。

男が振り返るとそこには…。

不死鳥が舞い降りていた。

な、な、な…。

「びっくりした?」
チョコン、とアニキクッションの上に鎮座していた不死鳥は、
くりん、とした目をこちらに向けてたしかにそういった。

「いやほら、せっかくネタ振りしてるんやからさあ」

それにしても熱い。
すでにアニキクッションからは焦げ臭い匂いがしている。

…え?ネタ?

「うん。打率9分1厘。絶好の妄想ネタだと思うんやけど…」

ヒットが出ないのはネタ振りなん?

「そう。『うねりさん』の続編でもいいからさあ、そろそろ書いてくれないと」

するとなにか? キミは己の成績を犠牲にしてまで、
すっかり枯渇してしまった妄想力を引き出そうとしてくれていたのかい?

「今まで気ぃ付かへんかったん? 相変わらず鈍いなあ」

ごめん…って、そんなことあるはずがない。
危ない危ない。もう少しでダマされるところだった。

あのね不死鳥君、不振の原因をそんな屁理屈で…、

「シャレにならへんのよね。『リン出せ』とか『ひやまの方がまだマシや』とか」

はあ。

「リンくんには負けてるけど、ひやまさんにはまだ勝ってるよねえ」

そんな問題ではないと思うが…。

「とにかくなんか笑わしてよ」

いやあ、今ネタにしたら火に油を注ぐだけだと…。

「それやんか!」

不死鳥は、手羽先を男の目の前に突きつけた。
火の粉が舞い上がる。熱い。

ああ、アニキは毎年こんな辛いことしてるんやなあ。

「………………………やんか」

アニキに思いを馳せていたため、男は不死鳥の言葉を聞き逃してしまった。
しかし、何を言ったのか、だいたいわかるってもんだ。

火の鳥だから、油を注いで火力が上がればどうのこうの。
まあ、そんなとこだろう。

男は呟いた。

唐揚げになるがな。

「え…」

あ、ごめん、傷ついた?

「そんなベタなこと言う人なん?」

なんだ貴様。

「復活の日にさあ、そんなベタなネタはまずいなあ」

……。

「あ、でも福原さんも復活早々ベタなピッチン…」

お前が言うな。

「とにかく。書いてくれるまで帰らないからね」

火事になるんですけど。

アニキクッションはすっかり炭になっている。

「大丈夫。寝るときはタネ火にして寝るから」

ちょっと…。

「あ、明日は僕、お休みやから。リンくんがスタメン」

悔しくないのかい?

「だってネタ振りやから。じゃ、おやすみ」

男と不死鳥の共同生活が始まった。
【記事編集】 |  00:34 |  中日戦  | トラックバック(0) | コメント(12) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。