2007年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ドキュメント・カツノリ
2007.02.10 (Sat)
野村克則君、21歳。
現在、阪神大学の3回生。

野村克則、という名前に、聞き覚えのある方も多いだろう。
東北楽天ゴールデンイーグルスの監督、野村克也さんの息子で、
現在、同球団のコーチを務める野村克則さんと同姓同名だ。
二人はかつて、阪神タイガースにそろって在籍していたこともある。

「生まれたときから阪神ファン」という克則君に、当時のことを振り返ってもらった。

「うーん、複雑でしたね。よりによって字まで一緒でしょ(苦笑)」
「いじめられたという意識はないんですけど…。でもまあ、そんな感じだったんでしょうかね」
「あの頃は阪神も弱かったでしょ。負けた次の日に学校行くと、先生までが『コラ、カツノリ!』って」
「まあ、僕もテレビの前では文句言うてましたよ。『なんでここでカツノリ使うねん』(笑)」

辛い少年時代を過ごしてきたことが窺えるエピソードだ。
不可抗力とはいえ、阪神ファンの格好の餌食になるような名前。
それでも、野村君は一度もグレたことはないという。
ご両親を恨んだりしたことはなかったのだろうか。

「恨んだというか…、まあオヤジに文句言うたことは何回もありますよ」
「オヤジは聞き流してましたけどね。でも僕があまりにしつこく言うもんやから」
「あるときオヤジが『克則、お前の名前の理由教えたるからカラオケ行こ』って言うたんです」

「名前の理由がカラオケって訳わからんでしょ。しかもオヤジと2人でなんて絶対イヤやし(笑)」
「けど、どうしてもって言うんで…、結局、オカンと弟も連れて4人で行きました」
「もちろん初めてですよ。家族そろってカラオケなんて(笑)」
「あ、弟の名前は雅之って言うんです。掛布さんの名前からとったらしいです」

家族4人で行ったというカラオケボックス『ソラシドクラブ』は、
京都と神戸を結ぶ国道171号線沿いにあった。
残念ながらいまはマンションに建て替えられ、カラオケボックスの姿はない。

「ああ、やっぱり。古くさいボックスでしたからねえ」
「部屋に入るとオヤジ、いきなり六甲颪歌ったんですよ」
「カラオケで六甲颪って、普通、最後に歌うじゃないですか。それがいきなりですからね」
「ところがオヤジは途中で歌うの止めて、『克則、ここやここ!』って叫びだしたんですよ」
「画面は85年にリーグ優勝したシーンでした」
「中西さんがピッチャーゴロを捕って、一塁へ投げたところです」
「それで、一塁であの送球受けたんが、渡真利克則さんでした」

『お父さんなあ、あのとき神宮におったんや』
『で、渡真利がボール受けた瞬間、ミットをパーンと上へ上げたやろ』
『お父さんなあ、あれにとんでもなく感動してなあ』
『俺がそれまで生きてきて、一番感動した瞬間やったわ』
『周りはバース!とか掛布!とか叫んでたのに、お父さん一人だけ渡真利!ありがとう!って』
『それからなんや知らんけどなあ、渡真利が好きになってなあ』
『その年の暮れに生まれたんが、克則、お前や』

「オヤジ、僕が感動すると思ったんでしょうね。メッチャ情感込めてしゃべるんですよ」
「けど、弟に雅之ってつけてるんですから台無しでしょ。誰のファンやったかバレバレ(笑)」
「どうせなら僕も明信ぐらいにしといてくれやって、言いました」

渡真利克則さんは、現役引退後、セ・リーグの審判員となる。
そして、昨年4月21日。

渡真利球審が倒れて入院

「あの試合はオヤジと2人でテレビで観てました」
「オヤジ、渡真利さんが倒れた瞬間、『克則が倒れた!』って大騒ぎでしたよ」
「僕はピンピンしてるっちゅうねん(笑)」

「で、そのオヤジもそれから3ヶ月ぐらいして倒れました。脳卒中です」
「たいしたことなかったんですけどね。左半身に少しマヒが残ってるんですが」

「渡真利かて復帰に向けて頑張ってるはずやって言うて、今必死にリハビリしてるんですが…」

渡真利審判員が連盟職員に異動

「週刊ベースボールの選手名鑑が出るまで、僕も全然知りませんでした」
「審判員のところに渡真利さんの名前がないので、あれと思ってネットで調べて。それで初めて」
「もちろんオヤジには言うてませんよ。心の支えでしょうからね」
「けどまあ、渡真利さんも知らんオッサンに寄りかかられても迷惑でしょうし」

克則君は、そう言って立ち上がると、プロテクターを着け始めた。
「まだ草野球でしかジャッジしてませんけどね」

大学卒業後は渡米し、審判学校に入学する予定だそうだ。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  16:41 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(13) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。