2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
やっぱり
2006.11.23 (Thu)
20XX年、日本のプロ野球界ではさまざまな制度が導入され、選手の流動化が進んでいた――。


黒霧島投手(阪神)、FA権行使へ


コミッショナー事務局にて

「事務局長、黒霧島投手のFA申請書が届いています」

む。ご苦労。ふむ、「ドメスティックFA(DFA)」の申請か。移籍先は国内球団に限られるわけだな。
ん?確か黒霧島は2年前に「3イヤーズFA(3FA)」の権利を行使して同地域内の阪神に移籍したはずだが。

……、ああ、そうか。彼は昨年「5イヤーズオプション」の権利を取得しているから、DFAと「ボーナスFA」のいずれかを選択できる権利をもっているのか……。

いや、ちょっと待てよ。
彼は今シーズン途中で球団側の「Cランクトレード」の打診に「拒否権」を発動しているからFAの権利は消滅しているのでは……。
あれ?FAの権利が消滅するのはBランク以上のトレードを拒否した場合だったか……。

いやいや、それは昨年までの制度だったな。
今年から、拒否権を発動してもFAの権利が消滅しないのは「A指定選手」に限定されたはず……。
黒霧島は……、やっぱり。「B指定選手」だ。

だとすれば黒霧島のFA権は消滅……。
ああ、そうか。彼は「オープン・ドラフト(OD)」でオリックスに入団しているから、彼のFA権は常に保護される……。

……やっぱり違うぞ。OD入団者の取得したFA権で常に保護の対象になるのは、所属球団が指名した4球団に移籍先が限られる「ファイナルアンサーFA(FAFA)」だけのはずだ。

………。ああ、私が間違っていた。
彼は希望枠廃止後に制定された「エンクローズド・ドラフト(ED=囲い込みドラフト)」でオリックスに入団しているんだった。
EDの入団者は、メジャーへの移籍も選択できる「コンプリートリーFA(CFA)」の権利は発生しないから、今回のFA申請は……。
あ、申請はDFAか。だったら……。

待て待て待て。彼は3年前に「Aランク故障者リスト」に入ってるじゃないか。
これでは一軍在籍日数が大幅に減るぞ。そもそも彼にはDFAの権利すらないのでは……。

……いや、どこかで間違っているはずだ。私がどこかで勘違いしているはずなんだ。
ううむ、もう一度最初から整理して考えよう……。

ODで入団した……、FAFAを行使……。

ああ、違う。EDで入団して……、3FAを行使……。

B指定選手になって……。5イヤーズオプションを……。

いやその前にAランクの故障者……。

………。A>BのときXとYは……あれ?

……X軸とY軸が交差する……あれ?

…………………あれ?

…………………あれ?

はは……、そうかそうか……。うんうん……。そうそう……。そういうことそういうこと……。
いやそれは違うな……。うんうん……。ははは。ははは。はは………。




20XX年、すべてのFA権が廃止された。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  03:46 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(12) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。