2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
現金な男
2006.11.30 (Thu)
ダイスケ・マツザカに次ぐ日本のエースピッチャーの獲得は、地元ニューヨークでも大きく取り上げられた。

一部には、ダイスケ・マツザカと比べ、アメリカではさほど知名度の高くない彼=ケイ・イガワに対し、2600万ドルという金額は高すぎる、という声も挙がっていた。

しかし、名門ヤンキースのGMであるその男は、ケイ・イガワの加入が、チームに大きなメリットをもたらすことを確信していた。

その実力は折り紙付きだ。しかし、男には、ケイ・イガワのピッチングがもたらすチームの勝利以外にも、大きく期待を寄せていることがあった。

「ハンシンファン」の存在である。

日本でナンバーワンの観客動員数を誇るハンシンファンはまた、日本で一番財布のひもがゆるいことでも知られている。

来シーズンは、そのハンシンファンが大挙してニューヨークに押し寄せ、ケイ・イガワの関連グッズを買いあさることだろう。彼らが落としていく多額のジャパンマネーを考えれば、2600万ドルなど安いものだ。これがセイブファン相手だと、そうはうまくいくまい。だからダイスケ・マツザカでなく、ケイ・イガワなのだ――。

男は、そう考えていた。

そのための準備も抜かりはない。
キャップやレプリカユニフォームはもちろん、ハッピ、ハチマキ、タオル、ペナント、サブレ、ジュース、さらには漢字で彼の名前が書かれた将棋の駒やちょうちん、木刀、巨大鉛筆、くるくる回すと日付が変わるカレンダーなど、日本のスーベニアショップを参考にして、ありとあらゆるグッズの製作を予定している。

そんなある日のこと、グッズの目玉商品として期待するボブルヘッドの試作品が、男の元に届いた。

「Oh……」。

それ以来、男はときおり、そのボブルヘッドの夢を見る。

ケイ・イガワが、ぷるるん、ぷるるん、と首を振っている……。

スポンサーサイト
【記事編集】 |  06:24 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
やっぱり
2006.11.23 (Thu)
20XX年、日本のプロ野球界ではさまざまな制度が導入され、選手の流動化が進んでいた――。


黒霧島投手(阪神)、FA権行使へ


コミッショナー事務局にて

「事務局長、黒霧島投手のFA申請書が届いています」

む。ご苦労。ふむ、「ドメスティックFA(DFA)」の申請か。移籍先は国内球団に限られるわけだな。
ん?確か黒霧島は2年前に「3イヤーズFA(3FA)」の権利を行使して同地域内の阪神に移籍したはずだが。

……、ああ、そうか。彼は昨年「5イヤーズオプション」の権利を取得しているから、DFAと「ボーナスFA」のいずれかを選択できる権利をもっているのか……。

いや、ちょっと待てよ。
彼は今シーズン途中で球団側の「Cランクトレード」の打診に「拒否権」を発動しているからFAの権利は消滅しているのでは……。
あれ?FAの権利が消滅するのはBランク以上のトレードを拒否した場合だったか……。

いやいや、それは昨年までの制度だったな。
今年から、拒否権を発動してもFAの権利が消滅しないのは「A指定選手」に限定されたはず……。
黒霧島は……、やっぱり。「B指定選手」だ。

だとすれば黒霧島のFA権は消滅……。
ああ、そうか。彼は「オープン・ドラフト(OD)」でオリックスに入団しているから、彼のFA権は常に保護される……。

……やっぱり違うぞ。OD入団者の取得したFA権で常に保護の対象になるのは、所属球団が指名した4球団に移籍先が限られる「ファイナルアンサーFA(FAFA)」だけのはずだ。

………。ああ、私が間違っていた。
彼は希望枠廃止後に制定された「エンクローズド・ドラフト(ED=囲い込みドラフト)」でオリックスに入団しているんだった。
EDの入団者は、メジャーへの移籍も選択できる「コンプリートリーFA(CFA)」の権利は発生しないから、今回のFA申請は……。
あ、申請はDFAか。だったら……。

待て待て待て。彼は3年前に「Aランク故障者リスト」に入ってるじゃないか。
これでは一軍在籍日数が大幅に減るぞ。そもそも彼にはDFAの権利すらないのでは……。

……いや、どこかで間違っているはずだ。私がどこかで勘違いしているはずなんだ。
ううむ、もう一度最初から整理して考えよう……。

ODで入団した……、FAFAを行使……。

ああ、違う。EDで入団して……、3FAを行使……。

B指定選手になって……。5イヤーズオプションを……。

いやその前にAランクの故障者……。

………。A>BのときXとYは……あれ?

……X軸とY軸が交差する……あれ?

…………………あれ?

…………………あれ?

はは……、そうかそうか……。うんうん……。そうそう……。そういうことそういうこと……。
いやそれは違うな……。うんうん……。ははは。ははは。はは………。




20XX年、すべてのFA権が廃止された。
【記事編集】 |  03:46 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(12) | Top↑
サボる
2006.11.22 (Wed)

しもやなぎ
【記事編集】 |  02:01 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
オーナー
2006.11.20 (Mon)
宮崎「おい、マッキー」
牧田「あ、オーナー。おはようございます」
宮崎「どうなっとんねん」
牧田「は?」
宮崎「ジェフとの交渉や」
牧田「ああ、あれはですね…」
宮崎「ジェフまでおらんようなったら、ワシ阪神ファンやめるで!」
牧田「ファンって…。いや、あれはもう、片が付きそうなんですよ」
宮崎「ホンマか」
牧田「ええ、ちょっとした手違いがあったというか…」
宮崎「手違い?」
牧田「ええ。ジェフの代理人は2年4億を要求してきたんですが…」
宮崎「ちょっと待て。2年4億いうたら妥当な額やないか。だいたいジェフがウチにどんだけ貢献…」
牧田「いえ違うんです、ドルですドル」
宮崎「ドル?」
牧田「ええ、2年4億ドル。480億円です」
宮崎「なんやて!」
牧田「もちろんケアレスミスですよ。書類に間違って2年4億ドルって書きよったんです」
宮崎「なんやそれ」
牧田「ところが交渉の場でその間違いに気付いたぬまっちが」
宮崎「沼沢か」
牧田「アイツが半笑いで『ジョン・スミスさん(代理人の名前・仮名)、ドルってアンタこれ。上場企業買えますよぷぷ。もちろんイエンの間違いですよねぷぷぷ』ってやったもんですから」
宮崎「チッ、あいつ…」
牧田「プライドの高いジョン・スミスが『ジェフにはそれだけの価値はある!』って…」
宮崎「逆ギレもええとこや」
牧田「それで、その場は交渉決裂です」
宮崎「子どものケンカやがな」
牧田「後日ジョン・スミスから、『よく考えたらそこまでの価値はない』って謝罪のFAXが届きました」
宮崎「よう考えんとわからんのか」
牧田「まあ、妥当な線で落ち着きそうですよ」
宮崎「そうか」
牧田「ご心配おかけしました」
宮崎「しかし沼沢も…、ああ!」
牧田「何か?」
宮崎「アイツ、井川の慶ちゃんとの交渉のときもやったんとちゃうか?」
牧田「何をですか?」
宮崎「『井川くん、、君がメジャー?プププ』みたいなことを」
牧田「やりかねませんね」
宮崎「取り消しや!ポス容認取り消しや!放せマッキー!」
牧田「オーナー落ち着いて。誰か、誰か来てくれ!」
宮崎「俺の慶ちゃんを返せー!」
【記事編集】 |  12:08 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(10) | Top↑
力関係
2006.11.17 (Fri)

藤川 2位は意味ないでしょう、はっきり言って。シーズン終盤に勝ってるとき、周りはものすごく納得して「頑張ってるやん」となった。(中略)現状に満足してしまって、5月、6月、7月にどれだけ苦しんできたかを忘れてるというか。「終わりよければすべてよし」のスタイルでは、絶対に高いレベルの野球はできない。そう考えたら、チームメートでも「この人、どうかな?」とクエスチョンが付く選手もいたんですよね。

…………。

藤川 僕は1シーズン全部頑張り抜いてやろうと思ってシーズンに入ったし、その気持ちをずっと持ち続けました。だから、後半戦に数字が上がってきた選手に対しては、憤りすら感じたんですよね。最初からできたんじゃないの、と。

……、てか球児これ俺のことちゃうんなんか言われたい放題やでちょっとへこむわマジで勘弁してやもうなんかイチローさんみたいになってるやんちょっと引くわ。

江草みてみいっちゅうねん前半ぶっ飛ばし過ぎて後半バテバテやんかそれに俺は最初雨でローテ飛ばされまくりやっちゅうねんそのへんどうよ。

――8月27日のお立ち台で涙を流しましたが、あれは、ファンやマスコミに対してというよりも、チームメートへの思いが……・
藤川 そっちのほうが強かったですね。選手が本気でやってたらお客さんはついてくるはずやのに、ついてきてないということは、選手の中に多少なりともあきらめの空気が出ていたということ。

あのお立ち台は俺が隣で笑顔振りまいてたから球児の涙が引き立ったっちゅうねん事実あの笑顔で俺のファンになったちゅう子もけっこうおるんやからちょっと球児おいしす

ガチャ

ごめん球児俺頑張るわ

「誰が球児やねん」

あ安藤さんこれ見ました?今週の週刊ベースボール球児が安藤さんの悪口言うてますよ後半戦に数字が上がってきた選手に対しては憤りすら

以下略
【記事編集】 |  01:20 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(13) | Top↑
藪の中
2006.11.16 (Thu)
家に帰ると藪がいた。こたつに入っている。
「おかえり」
相変わらずいい声だ。でもなぜここに?
「君が井川になったって聞いたから」
たしかに僕は数日前、たった一日だけ井川に変身したことがある。
「でも、もう元に戻ってしまったんだね」
元に?とんでもない。
井川になった翌日、目を覚ますと僕は岡崎になっていた。
最初は誰だかわからなかった。
とまどいながら鏡と選手名鑑を交互に見比べて、
「ああ」
とようやく理解したのだった。
それ以来、ずっと岡崎のままだが、生活に支障はない。

藪は岡崎を知らないのか?
二人はちょうど入れ違いだっただろうか。
手元に選手名鑑がないのでわからない。
「井川がアメリカに行くって聞いたから。いろいろアドバイスしようかなと」
なるほど。でも僕はもう井川じゃない。
それに、直接本物の井川に会って話せばいいじゃないか。
「うん、まあ、そうだな。たしかにそのとおりだな」
明らかに落胆した様子の藪の姿を見て、僕は少し後悔する。
「邪魔したね。もう帰るよ」
藪はゆっくりとこたつから出て立ち上がった。
「あ、そうそう、また井川になったら連絡してよ」

僕はもう一度藪に会いたいのだが、今のところ、井川に変身する気配はない。
それにしても藪は、井川になった僕に、どんなアドバイスをするつもりだったのだろうか。
【記事編集】 |  00:44 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(9) | Top↑
妄想全開、脳内全壊
2006.11.14 (Tue)
忍ログsinobu-rog



【注意!】
不快な内容が含まれていますので、福原ファンの方は続きを読まないでください。
福原ファンの方の出口はこちらから。




【Read more・・・】

【記事編集】 |  02:34 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑
ないのさ
2006.11.13 (Mon)
野球はあるのさ 阪神がないのさ
野球は 阪神の代わりにならないのさ
ガッツは 金本の代わりにならないのさ
紺田アンタ誰なのさ

稲葉のタイムリーより 今岡の守備なのさ
ダルの直球より 玉置のシュートなのさ
ブラウン モレルが気になるのさ
チョ・ドンチャンが気になるのさ

野球はあるのさ 阪神がないのさ
野球は 阪神の代わりにならないのさ
セギノールはビザがおりなかったのさ
紺田アンタ誰なのさ

かおる姫のレシーブより 忍姫のカーブなのさ
カワカミプリンセスより 小宮山の強肩なのさ
桜井 喜田剛が気になるのさ
ウチのどんちゃんが気になるのさ

野球はあるのさ 阪神がないのさ
野球は 阪神の代わりにならないのさ
野原が来るのさ 小嶋が来るのさ
大引獲るのさ 明日は友引なのさ

野球はあるのさ 阪神がないのさ
野球は 阪神の代わりにならないのさ
そんでもって そんでもって 明日からは
野球もないのさ 阪神もないのさ
【記事編集】 |  01:52 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
歌謡ショー
2006.11.11 (Sat)


あなたを大きく包む 永遠の愛
一人きりにはさせないわ ねえ優しくして







時間ならまだまだあるよ
急がず サボらず あせらず 力まず







見たことのない 晴れやかな笑顔も フェイドアウトに ちょうど似合いさ
思い出に変わるまで 別れはただの痛み いつの日か懐かしく 思えるときまで
【記事編集】 |  22:25 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
両監督、夜の作戦会議
2006.11.10 (Fri)
おかだ「いがわ!」(井川)
ひらた「わたなべじゅんし!」(渡辺純志)
おかだ「し、しぶい」
ひらた「い、い…」
おかだ「アホ、人選が渋いってことや。し、しもやなぎ!」(下柳)
ひらた「ぎ…、ぎ?」
おかだ「き、でもエエで」
ひらた「き、き、きりどおし!」(切通)
おかだ「し、しぶい」
ひらた「い、い…」
おかだ「もうええ。し、しーつ!」(シーツ)
ひらた「つ、つ、……えーと、あ、つつい!」(筒井)
おかだ「いまおか!」(今岡)
ひらた「かけふ!」(掛布)
おかだ「ほかにもおるやろ。なんでよりによって…、まあええわ。ふ、ふくま!」(福間)
ひらた「まつなが!」(松永)
おかだ「ダウト!それはなんぼなんでもNGワードや」
ひらた「マジっすか…。ま、ま、まちだ!」(町田)
おかだ「だ、だりる・めい!」(ダリル・メイ)
ひらた「それもNGワードでしょ」
おかだ「うるさい。はよ行け。い!」
ひらた「い、い、いのまた!」(猪俣)
おかだ「たむら!」(田村)
ひらた「ら、らいんばっく!」(ラインバック)
おかだ「く、く、くーるぼー!」(クールボー)
ひらた「ぼーぐるそん!」(ボーグルソン)
おかだ「いえーい」
ひらた「いえーい」
おかだ「おやすみー、またあしたー」
ひらた「はーい」
【記事編集】 |  23:52 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
ある球団関係者
2006.11.07 (Tue)
え、記者さん?喜八スポーツ?ああ、パチスポか。
アンタんとこ評判悪いよ。飛ばし記事ばっかり書くって。
で、何の用?あ、黒田ね。うん、良かったよ残留してくれて。
ここ数日、相当悩んでたもんなあ。
残留の決め手?そりゃファンの存在だよ。熱い声を上げてくれたもん。
阪神に行きたかったかって?知らないよそんなこと。
たしかに子どものころは阪神ファンだったみたいだけど。
いまさら関係ないよ。
まあ、これ以上阪神さんに選手取られるのもちょっとね。
「阪神タイカープ」だよ、ハハハ。
……え?何だよ、後輩って。
彼もチームリーダーだからね、当然後輩のことだって考えるだろうけど。
後輩思い?もちろんそうだよ。
もういいの?あ、そう。




黒田残留の真実  喜八スポーツ.COM

去就が注目されていた広島・黒田博樹投手の残留が決まった。「FA宣言→阪神入り」が既定路線と思われていたが、土壇場になって翻意した形だ。黒田の心境にどのような変化があったのか――。
ある球団関係者は「後輩の存在」を指摘する。その後輩とは、新井貴浩内野手のことだ。
来期にもFA権を取得する新井は、彼が師と慕う金本知憲外野手のいる阪神への移籍が確実視されている。「黒田は後輩思いの男だからね。新井のFA移籍をスムーズに運ぶために、自分は阪神入りを断念したんだろう」(前出の球団関係者)
阪神は現在、金本やアンディ・シーツ内野手が主力として活躍し、さらに正田耕三、町田公二郎両コーチもいる。球界では「まるで阪神タイカープだ」と揶揄する声も上がっているという。
そこへもし黒田が加入し、来年、新井までもが阪神に移籍すれば、「広島ファンは熱いからね。黙ってないよ」(前出の球団関係者)
金本と新井の関係をよく知る黒田としては、子どもの頃からの夢であったタテジマを捨ててまで、新井の阪神入りを優先させたのだ。もちろん、新井はそんな先輩の思いやりなど、知る由もないのだが……。
【記事編集】 |  04:39 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
変身
2006.11.06 (Mon)
朝、目を覚ますと、井川になっていた。

数日前から、どうも、そうなる予感があったのだが、

実際になってみると、やっぱり、ちょっとびっくりした。

じたばたしても仕方がないので、

とりあえず、いつものように、駅前まで新聞を買いに行くことにした。

道中、いろんな人から、いろんなことを言われた。

メジャーに行きたいという思いが、少しだけ、理解できたような気がした。

次は、今岡になって、外出してみよう。

FA宣言、したくなるかなあ。
【記事編集】 |  01:28 |  妄想  | トラックバック(0) | コメント(8) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。