2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
和――後味悪く
2007.08.22 (Wed)
佐賀北のピッチャー、久保君は、はなわに似ている。

佐賀だけに。

……、いや、今日はそんなことを言いたいのではなかった。

阪神は、和のチームである。

これが言いたかったのだ。

先に白状しておくが、これは私のオリジナルではない。
フジテレビ739で解説していた金村さんの言葉だ。

よし、これで「うんうん、喜八さん上手いこと言うわあ」などという、
後ろめたいコメントがずらりと並ぶこともなくなった。一安心である。

和とはもちろん、畳、ふすま、障子など「和風」という意味でなく、
「人の和」を指していることは言うまでもない。

換言すれば、家族的なチーム、と言っても良いかもしれない。

「その言い換えは無理矢理やろ」という抗議はいっさい受け付けない。

さて、家族である。
「らしいこと」はいっさい何もやらない彰布お父さん。
それ故に、時折りこの「岡田家」を見守る人たちから、あらん限りの罵声を浴びせられるが、
息子たちが良い仕事をしたときに見せる極上の笑顔には、みな、コロッとダマされる。
あんなことも、こんなことも、みんな水に流そか、という気分にさせられるのだ。

反論はいっさい受け付けない。

隣の「落合さんちのお父さん」には、この笑顔がない。
だからなのか、落合さんちのお父さんは、彰布お父さんが大嫌いである。

「輝ひ子」お母さんは、なんと長男と同い年の現役選手。
連日、クタクタになりながらも、我が家を思い懸命に働くお母さんのその姿は、
女性のみならず、男性のハートをもわしづかみにして離さない。
「オカン、元気にしてるかな…。よっしゃ、いっぺん電話したろ」という気にさせられる。

反論はいっさい受け付けない。

続いて、そのお母さんと同い年の長男、知憲君。
「背中で語る男」とは、こういう人のことを指すのだろう。
彰布お父さんが、家長らしいことを何一つしないこの家族では、
実質的に、彼がお父さんの役割を果たしていると言っても過言ではない。
お父さんは多弁な割には「言語不明瞭、意味不明」な人であり、
ゆえに話せば話すほど、家族や周囲の混乱の度合いを深めるばかりであるのに対し、
普段は決して多弁ではない知憲君が、ここぞというときに発する言葉の一つひとつには、
家族全員を奮い立たせるだけの重みを含んでいる。

「敬、お前はできる子なんやから、もっと真剣にやらんとあかんぞ」

この言葉で、当の敬君だけでなく、
それまでのほほーんとしていた家族のほとんどが、みな「できる子」に変貌した。
この、ほとんど、というのがミソである。ね、誠君。

こうした長男の言葉のみならず、この家族一人ひとりが示してくれる姿勢、
あるいは他の家族を思いやる言葉の数々には、
家族の一員ではない我々でさえ、感激し、心を揺り動かされることが多々ある。

膝に大ケガを負っている知憲君の全力疾走に涙し、
そんな長男の背中を見つめ続け、追い続ける威助君や広大君の頼もしさに涙する。

「背中で語れる」もう一人の男、剛君の仕事にかける姿勢に涙し、
首に重大な故障を抱えている憲広君の全力プレーに涙し、
そんな憲広君に近づきたいと苦悩する真人君に涙する。

「最後はちょっと…」という反論はいっさい受け付けない。

まるで一球ごとに命を削るかのような球児君のストレートに涙し、
そんな球児君以上に酷使されながらも「僕が頑張れば球児が休める」
と言ってはばからない智之君の大きな背中に涙する。

まだまだおぼこいと思っていた恵輔君や啓史君が、
すっかり一人前の男になっていたことに涙し、
頼りなさを売りとしながら、それなりに頑張る篤史君や直久君の健気な姿に涙する。

苦しんで苦しんで、苦しみ抜いてきた進次郎君の復活に涙し、
結局、その苦しみが報われることなくユニフォームを脱ぐこととなった篤史君の、
最後の雄姿にも涙した。

そして、彼ら一人ひとりの活躍を我がことのように喜び、はしゃぐ家族たちの姿にも。

個人主義が浸透し、失われてしまったといわれて久しい「家族の和」。
しかし、この家族を見ていると、
それがいかにも評論家然とした「机上の空論」に過ぎないことを痛感させられるではないか。

反論はいっさい受け付けない。

そんな岡田家にホームステイしている外国人留学生の皆さんたちも、
居心地はとてもよさそうである。
オーストラリアから来たジェフ君や、アメリカから来たアンディ君、
それにベネズエラから来たダーウィン君も、
みな、岡田家の和にすっかり溶け込んでいる。
札付きのワルという触れ込みだったシェーン君も、
この家族に触れ合うことですっかり改心し、
立派な好青年となって、昨秋、再びアメリカへと旅立っていった。

反論はいっさい受け付けない。

さて、だからこそ、である。

だからこそ、たった一人の男が為すわがままを、
大切な家族の和を乱す暴挙を、見過ごすわけにはいかない。

ジャンよ、短い間だったが、今までありがとう。
そのまま、鳴尾浜の熱風にさらされて、溶けてなくなってくれ。

スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:32 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(10) | Top↑
いまおか。
2007.07.28 (Sat)
「今岡なき阪神」が快進撃を続けている。

たぶん、これでいいんだと思う。

なんとなくだけど、もう、このチームに今岡の居場所はないような気がする。悲しいけれど。

ここ数試合、チームが見せてくれている見事なまでの集中力と一体感。

「アニキの怒り」がすべての始まり。

そこにあの今岡がかみ合うとは、どうにも思えないのだ。

他人の言動を発奮材料に張り切る今岡なんて、

それはもはや、今岡の姿をした別の生き物だ。

だから気持ちを切り替えてとか、そんなことは言わない。

ともかく「今岡誠」を全うしてくれ。これからも応援を続けるから。
【記事編集】 |  03:26 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(14) | Top↑
リハビリ
2007.07.03 (Tue)
虎借金完済へJFK使いまくる!<デイリー>

           ↓

さあ、後半戦!JFK使いまくる!

           ↓

8月反攻へJFK使いまくる!

           ↓

3位奪取へJFK使いまくる!

           ↓

まだまだあきらめん!奇跡信じJFK使いまくる!

           ↓

おかだ「しゃあない。(JもFも)おらんのやから」
くぼ「久保田がもっとしっかりしないと」

           ↓
         
          暴 動

【記事編集】 |  23:50 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(8) | Top↑
たまには東京弁もよろしいかと。
2007.05.09 (Wed)
え?「阪神はこのまま暗黒時代に突入するのか」って?
甘い。暗黒時代っていうのはさ、こんなもんじゃなかったよ。

石嶺って知ってる?
暗黒時代の4番打者さ。今は中日で打撃コーチ。
彼はオリックスの主軸バッターでね。打点王とか獲ったかな、たしか。
FAで阪神に来たんだ。
そりゃ期待したもんさ。
で、1年目の成績。打率.246、本塁打17本。
2年目の成績。打率.240、本塁打9本。
3年目の成績。打率.161、本塁打2本、引退。
ハハハ。

そのほかにもさ、平塚とか大豊とかブロワーズとかグレンとか、
他球団に行くと下位しか打てないような成績のバッターがさ、
4番を打ってたんだよ。みんなブルンブルン空振りしてさ。
ああ、でも平塚は好きだったなあ。
大空に弧を描く 必殺の一撃を♪

え?ああ、うん、で、今の4番打者はアニキでしょ。
つまりこういうことさ。
「金本が4番打者である」
この1点において、絶対に暗黒時代なんかじゃないんだ。
何にも数字とか出さないけど、説得力あるでしょ。

あ、そうそう、関川なんかさ、阪神時代、
「こいつらと一緒にいたら俺までダメになる」
と言って、他の選手を徹底的に避けていたらしい。
どう?今の阪神に、そんな雰囲気はあるかい?
ないでしょ?

だからさ、僕は言いたいんだ。
シモ・カネ・ヤノのオッサンズが頂点にいて、
球児や鳥谷や狩野や林が彼らを目標にして、
ジェフがリリーフ陣をきちんとまとめて、
赤星が一所懸命にやっていて、
シーツがいて、関本がいて、浜中がいて、藤本がいて、
福原がいて、杉山がいて、久保田がいて、江草がいて…、
ん、もういいかい?
あ、ダメだよ今岡が抜けてる。
とにかく、こんなすごい選手たちがいる今の阪神がね、
暗黒なわけがないんだよ。

あの時代はさ、
「勝ち方を知らない選手たち」が「ぼんやりと野球をやっていた」んだ。
今はさ、逆説的に言えば、
「負け方を知らない選手たち」が「必死に野球をやっている」のさ。
だから空回りしてる。
当時はさ、空回りどころか、回ってすらいなかったからね。ハハハ。

んー、まあ、暗黒時代を知らない人は特に、
こんなに負けが込む阪神を見たことがないから、
だから不安になるかもしれないけど、
「10試合で2勝8敗」なんて、そんなに珍しいことじゃないよ。
ちょっと調べてみたけど、優勝した年だって、
「10試合で3勝7敗」というのが夏場にあったさ。
え?今年の方が負けが一つ多いって?
うーん、そんなこと気にすんな!

どっかのバカブログに書いてあったよね。
「秋には、今がきっと笑い話になっているさ」
あれだよ、あれ。
【記事編集】 |  03:11 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
榊原
2006.12.12 (Tue)
新人選手の背番号が決まりました。

背番号29=小嶋
背番号41=上園
背番号45=清水
背番号63=大城
背番号37=野原
背番号38=橋本
背番号68=横山

ちなみにそれぞれの背番号で、とっさに思い浮かぶ名前は…

背番号29=江本
背番号41=月山
背番号45=ゲイル
背番号63=新庄
背番号37=榊原
背番号38=山川
背番号68=星野

あ、月山はウソです無理矢理です。スペンサーかな。
そういえば渡辺純志も41でしたね。

榊原は男前やったなあ。ウチのお袋が大ファンやったなあ。
真弓-榊原の1、2番なんて、
今やったらワーキャーでえらいことになってるはずです。
後年、日ハムにトレードされて、代わりにきたのが宇田東植。
かあちゃんブチギレたなあ。「大町は2人もいらん」って。

さて、このオッサンまみれの記憶を塗り替えてくれる新人ちゃんは、
果たして何人いるのでしょうか。頑張りや。
【記事編集】 |  03:12 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(8) | Top↑
Her Majesty
2006.10.19 (Thu)
今年の総括。生観戦歴!

04/01(土)▼ヤクルト-阪 神 2回戦

虎 1 0 0 0 2 0 0 0 0=3
燕 0 0 0 0 0 3 0 0 1X=4

【投手】
(神)安藤、球児、相木、能見(1敗)、久保田-矢野
(ヤ)藤井、吉川、高井、高津(1勝)-古田

【本塁打】
(神)
(ヤ)武内1号3ラン

武内!そういやあ、そんな選手おったねえ。

0勝1敗


05/06(土)▼横 浜-阪 神 8回戦

虎 1 0 0 0 0 0 0 0 0=1
星 2 0 0 0 1 0 0 1 X=4

【投手】
(神)安藤(2勝2敗)、ダー、能見、金沢-矢野
(横)土肥(2勝3敗)、川村、木塚、加藤、クルーン(4S)-相川

【本塁打】
(神)
(横)

乱打戦で虎○13-11●星の翌日。
試合前から「勝てる気がせん!」って言ってたら案の定…。

0勝2敗


05/27(土)▼西 武-阪 神 2回戦 

虎 0 0 0 0 0 0 0 2 0=2
獅 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0

【投手】
(神)江草(5勝2敗)、球児、久保田(10S)-浅井、野口
(西)西口(3勝6敗)、星野-細川

【本塁打】
(神)
(西)

今季初勝利!の割にはイマイチ印象が薄い…。
萩山の駅で井川のそっくりさん発見!
彼がどんぶりがわさんの正体だという説も。

1勝2敗


06/30(金)▼巨 人-阪 神 7回戦 

虎 3 0 1 0 1 2 2 0 2=11
兎 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0

【投手】
(神)下柳(6勝6敗)、能見-矢野
(巨)工藤(3勝1敗)、真田、前田、福田-阿部、実松

【本塁打】
(神)浜中12号ソロ、シーツ11号ソロ、矢野10号2ラン
(巨)

僕の東京ドーム初勝利!
シモさんがタイムリー!
タイムリー欠乏症が深刻化してた時期。
でもこの日はよく打ってくれました。

2勝2敗


08/03(木)▼巨 人-阪 神 13回戦 

虎 2 0 2 0 0 0 0 1 0=5
兎 0 0 0 0 1 0 0 0 0=1

【投手】
(神)下柳(9勝7敗)、ダー、ジェフ、江草、球児-矢野
(巨)内海(7勝10敗)、野間口、前田、真田、栂野-阿部

【本塁打】
(神)スペンサー6号2ラン
(巨)

1番濱ちゃん、2番鳥谷、5番矢野。
オモシロオーダーに毎日ワクワクしてた頃でした。
軟投派球児のお披露目の試合やったかな。

3勝2敗


08/18(金)▼ヤクルト-阪 神 15回戦 

虎 5 3 1 0 0 1 0 0 1=11
燕 2 0 2 0 0 1 6 0 1x=12

【投手】
(神)OX、ダー、江草、橋本、相木、ジェフ(1勝1敗)-矢野
(ヤ)坂元、松井、高井、五十嵐、館山、木田(3勝4敗)-米野、福川

【本塁打】
(神)金本16号3ラン、藤本2号ソロ
(ヤ)岩村26号ソロ、ラミレス19号ソロ

「明日にとっとけ矢~野!」なんて余裕かましてたら…。
後ろに座ってた人が、オペラ風にHM歌ってたね(笑)。

3勝3敗


09/02(土)▼横 浜-阪 神 19回戦 

虎 0 3 0 2 0 0 0 0 0=5
星 0 0 0 2 0 0 1 0 0=3

【投手】
(神)杉山(2勝4敗)、ジェフ、吉野(1S)-矢野
(横)那須野(3勝7敗)、牛田、川村、山北-鶴岡

【本塁打】
(神)鳥谷12号2ラン、矢野13号ソロ
(横)石井5号ソロ

鳥谷、矢野の連続ホームラン!
吉野、2代目「誠の救世主」襲名!
しかしこの日は暑かったな~。

4勝3敗


09/23(土)▼巨 人-阪 神 19回戦 

虎 0 2 0 2 1 1 0 4 1=11
兎 1 0 0 0 0 0 0 1 0=2

【投手】
(神)下柳(11勝11敗)、江草、久保田-矢野
(巨)内海(12勝12敗)、野間口、グローバー、前田-阿部、加藤

【本塁打】
(神)浜中18号2ラン、藤本3号ソロ
(巨)小久保18号ソロ

ドームは3戦ともシモさんで3勝!
藤本のホームランが出たときは、一瞬、神宮の悪夢が頭をよぎりましたが。

5勝3敗


10/03(火)
▼ヤクルト-阪 神 20回戦 

虎 0 0 0 0 0 3 0 0 1=4
燕 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0

【投手】
(神)井川(13勝9敗)-矢野
(ヤ)石川(10勝8敗)、花田、鎌田、坂元-福川

【本塁打】
(神)
(ヤ)

井川、号泣後最初の登板。
今季初めて、「まったく負ける気がしなかった」試合。
「奇跡」がほんの一瞬、現実のものに感じられました。

6勝3敗


10/04(水)
▼ヤクルト-阪 神 21回戦 

虎 0 3 1 0 0 0 0 0 0=4
燕 0 0 2 0 0 0 0 0 0=2

【投手】
(神)安藤(9勝3敗)、球児、ジェフ(3S)-矢野
(ヤ)石井一(10勝7敗)、木田、藤井、館山-米野

【本塁打】
(神)矢野17号3ラン
(ヤ)

矢野通算100号!
ダーウィンのやきそば好きを確信した試合(なんのこっちゃ…)。

7勝3敗


10/16(月)
▼ヤクルト-阪 神 最終戦 

虎 2 0 0 0 0 1 0 0 0=3
燕 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0

【投手】
(神)井川(14勝9敗)-浅井
(ヤ)石川(10勝10敗)、坂元、藤井、館山-米野

【本塁打】
(神)金本26号2ラン、林5号ソロ
(ヤ)

初の団体観戦。
ああ、阪神ファンってええなあ、と心底思いました。

8勝3敗

通算11試合8勝3敗

けっこう勝率ええやん!
【記事編集】 |  01:11 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑
頑張れ、今岡誠!
2006.09.08 (Fri)
柴田大知騎手、所属変更

阪神と関係のない話だけど、
柴田大知がフリーから岩戸孝樹厩舎へ所属変更になった。

JRA初の双子騎手。
ルーキーイヤーから弟、未崎とともに活躍していた(「最終レースの未崎」にはお世話になった)が、ここ数年は騎乗機会に恵まれず、たまに障害でその名前を見る程度だった。

フリーから再び厩舎所属に戻るということは、過去の同様の例からみて、
調教助手への転身も視野に入れてのことなんだろうと思うが。
騎手として、何とかもう一花咲かせてほしい。
頑張れ、大知!

さて、無理やり話題は今岡に。

阪神今岡、復帰先延ばし

当初は8月中旬といわれていた一軍復帰のメドが、いまだに立たない。
濱中5番、関本サードが形になってきた現在、
「今岡待望論」もほとんど聞かれなくなってきた。

そんな空気を察してかどうか分からないが、imaoka7.comの更新も8月3日で止まったまま。
もともと積極的に更新する方ではなかったけど、
登録抹消以降は週イチのペースで更新されていたのだから、
この長い空白はちょっと心配だ。

野村監督時代の低調ぶりを見ても分かるように、
今岡は「おだてられてナンボ」の選手。
決して精神的にタフな男ではない。

「やっぱり今岡がおらんとアカンわ!」
ってみんなが言ってくれればこそ、
「そうでしょ~」
と、気合いの一つも入る。それが今岡。

でも、
「帰ってきても守らすトコないで!」
「5番はどうするの? 関本どうするの?」
みたいな空気が漂うと、
「なにくそ!」
と思うことができず、
「そうなんか…」
とへこんでしまう。それが今岡。

だからいまのチーム状態を見て、
「テンション上がらんなあ」
なんて思う日々を鳴尾浜で過ごしているのではないか。

…などと知りもしないくせに、勝手に今岡の心中を慮って同情してみる。
実際は、本当に右手の調子が思わしくないだけなんだろうけど。

まあいい。勝手ついでに、激励の意味も込めて、
プロフィールの写真を替えてみた。

なぜ杉山?

ほら、杉山の笑顔って、一目見ただけで、
焦りや怒りがすべてしょーもないことのように思えてくる、
そんな魅力がある気がしませんか?

頑張れ、今岡誠!
【記事編集】 |  21:53 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
最後の奇跡へ
2006.09.05 (Tue)
ラグビーが始まった。今週末からはNFLも始まる。
空は水色、風は秋色(?)、もうすっかり秋ですね。

こんな時期まで阪神の優勝に希望がもてるなんて幸せ。

つい三週間ほど前には、
「もう、優勝なんて言わない」的な発言をしておきながら、
ここへきて、
「奇跡や!奇跡や!」
と大騒ぎする自分の豹変ぶりを見て、
「それってどうなん?」
という鋭いツッコミを受けた。

ハハハ、すいません。
「魚の脳を持つ男」の記憶力は、MAXで2週間が限界なんです…。

今朝のデイリー。
「残り試合を阪神18勝8敗、中日15勝18敗で、10・14岡田胴上げ!」
という皮算用を。
一目見て、
「うむ、十分あり得る」
と大まじめに思ってしまった自分のテンションが怖い。

同じく今朝のスポニチ大阪。

4日現在、26試合を残す阪神の首位・中日とのゲーム差は6。過去に残り26試合以内から6ゲーム差以上を逆転して優勝したチームはパ・リーグに2例あり、56年、西鉄が残り25試合から南海との6ゲーム差を、63年にも西鉄が残り24試合から南海との8ゲーム差を逆転している。

おお、いつの時代の話や。どちらも球史に残る伝説の大逆転。
こうして具体例を出されると、ハードルの高さにちょっと萎える。

けど気にしない!

今年の阪神には、その「いつの時代や」の記録を塗り替えた球児と、
「いつの時代や」の選手にさえ為し得なかった大記録を更新中の金本がいる。

投打の柱に生きる伝説をそろえた阪神なら、
きっとまた新たな伝説を作ってくれる。
そう信じて応援したいと思う。

来年からセ・パ同一形式のプレーオフ導入が決定した現状では、
「ペナントレース奇跡の大逆転」が見られるのは今年が最後ということになる。
そして、この「最後の奇跡」に挑戦できるのは12球団の中で阪神だけ。

ファンとしてこんな幸せなことはない、って思いませんか?

ああ、でも今日の試合は観られないんだった…。

【記事編集】 |  13:58 |  阪神全般  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。