2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ヤマモトさん
2007.01.30 (Tue)
大学時代の4年間、僕は、飲み屋でバイトをしていた。
ろくに学校にも行かず、もちろんサークルにもクラブにも在籍していなかった自分にとって、
18歳から22歳までの4年間は、夜の世界こそが、生活のすべてだった。

ヤマモトさんは、そのバイト先の、雇われ店長だった。
一回り以上違う僕のことを、ことのほか、かわいがってくれた。
酒に競馬にカラオケ。ヤマモトさんにはずいぶん鍛えられた気がする。

店が終わると、
「喜八お疲れ。今日もサクッと行っとくか」
結局「サクッと」では済まず、始発に乗って帰る毎日。
週末は、そのまま梅田の場外へ直行。
そんな日々の繰り返しに、僕は、将来への不安を抱きつつも、
目の前の誘惑には勝てず、アンダーグラウンドの世界にどっぷり浸っていた。

飲んだ翌日、僕が店で仕込みをしていると、
ヤマモトさんは、いつもフラフラになってやってきた。
「あれからウチ帰ってまた飲んでもた」
そう言いながらヤマモトさんは、オールドパーをショットグラスに波々と注ぐ。
「迎え酒や」
そのままストレートで一気。
「よし、これで今日一日もつわ」

一度、冗談交じりに注意したことがある。
「そんなことばっかりしてたら死にますよ。今日明日死んだって、俺、葬式なんか行きませんからね」
「アホか。俺は飲まんかった日の方が調子悪いんじゃ」
そういってヤマモトさんは笑っていた。

どうにかこうにか4年で大学を卒業し、最後のバイトの日。
「前に俺が言うたこと覚えてます?死んだいうて連絡もらったって、絶対に葬式出ませんよ」
「おお、わかっとる。その前にお前の結婚式出んとあかんからなあ。頼むで」
「まあ、たぶんそっちの方が先でしょうけどね」
「よう言うわ。はよ彼女見つけろ。話はそれからや」

就職で東京に出てきた僕は、ヤマモトさんと会うこともなくなっていた。

数年後、正月休みで大阪に帰ったとき、当時のバイト仲間と飲む機会があった。
「喜八、ヤマモトさん、去年死んだで。肝硬変や」

やっぱり。僕は大して驚きもしなかった。
あんな生活続けてたら、当然や。

「前に一回、ヤマモトさんと飲んだことあるんや」
へえ。
「ヤマモトさん言うてたわ。『喜八、アイツいつになったら結婚すんねや』って」
……。
「『俺もなあ、もうそんなに先行き長くないかもわからんけどな、アイツが結婚するまで死ねんのや。約束したからな』って言うてたで」
……。
「何かの冗談やと思ってたけど、そのあと、しばらくしてホンマに死んでしまわはった」
……。

ヤマモトさん、ごめん。俺、まだ約束果たせてません。
でも、先に約束破ったの、ヤマモトさんですからね。
おあいこですよ。



この話はフィクションかもしれませんし、ノンフィクションかもしれません。

スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:01 |  未分類  | トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。